FC2ブログ

アキュフェーズDP-75のクロック換装(その2)

アキュフェーズDP-75の水晶発振子には16.9344MHz以外にサンプリングレート・コンバーター用に12.2880MHzが積んであります。後者はサンプリング周波数48KHzの場合に使用する物ですが、DP-75はアナログ出力の方も48KHzにアップサンプリングしてからD/A変換しています。
 
アキュフェーズDP-75のクロック換装(その1) でアナログ出力もきちんとしておこうということで、ここもPureRhythm2に換装したところです。
 
ところが結果として、S/PDIF出力の音が妙に尖がってしまったのです。原因として考えられるのは、非安定化電源から2系統のクロックの安定化電源(金田式)に分岐・給電していることくらいです。となれば、早速、手を入れる他ありません。
 

 
上の写真右に写っているA&R LabのSBDとニチコンKZ(1,000μF×5本)に、プライトロンのトロイダルトランスの2次側で遊んでいた出力を繋ぎました。このプライトロンの2次側には、大凡10Vの出力が2回路あります。これで12.2880MHzクロックの電源を独立させられました。
 
更にデジタル系電源の三端子レギュレーターμPC2405をFIDELIXの「オーディオに最適な三端子レギュレーター」に換装します。低ノイズ・低インピーダンスの優れ物です。
 
 

 
さて完成です。
 
2系統のクロック電源の分離で尖がった音が解消、自然な響きが戻ってきました。更にFIDELIXの三端子レギュレーターによって、バックグラウンドに吸い込まれるような静けさが得られました。無音を深く印象付けられます。
 
これは凄い!!
 
FIDELIXの三端子レギュレーターは送料込で3,000円ですから、あちこちで気兼ねなく使えます。ノイズが減るばかりでなく、微細な表現力もアップしていることが分かります。一つ注意点は、内蔵ヒューズが1Aのファストブローなので、使う回路によってはすぐに切れてしまうことです。これはスローブローの物にヒューズを交換すれば大丈夫です。
 
以上、改造はくれぐれも自己責任でお願い致します。m(__)m
スポンサーサイト



コメント

No title

はじめましてぇ♪
ランダムブログで訪問させていただきました~
よかったらあいのブログにも訪問してください★

No title

あいさん、はじめまして。
今し方、そちらに伺いました。
これからも宜しくお願いします♪

No title

こんばんは。

>FIDELIXの三端子レギュレーター
私も4個発注しました、負の24Vなので在庫が無い様です
CDP-R1に載せるつもりです、トランスポートは
P-10もそうですが、電源部の電解や三端子レギュレーター
がほとんど熱く成らないので、電流はあまり流れないようですね
アナログ回路が無いからですかね。

三端子レギュレーター、交換するのが楽しみです。

No title

遅ればせながら明けましておめでとうございます。またまた凄いことになってますねー!当方は最近ソフト(CD&SACD、少しLP)ばかり増えていますが、相島技研さんHP内の日記でSCD-1再チューンが取り上げられていたので、こちらにも興味津々です。春の訪れに合わせて行動開始できれば・・・という感じです。

No title

ウッドさん、そうですかソニーの方に載せられるのですね。
きっと良い結果が得られると思います。

トランスポート自体は、仰る通りあまり電気を喰わない様です。
改造レポートを楽しみにしております♪

No title

damaterraさん、松の内過ぎましたが、明けましておめでとうございます。
>またまた凄いことになってますねー!
やり出すと、際限がなくなってきますねー。
>相島技研さんHP内の日記でSCD-1再チューンが取り上げられていた・・・
相島さん、覗いてみます。
春の訪れ~こちらも金田式TTアンプ製作の本格始動です!♪

No title

こんばんは、

三端子レギュレーター交換完了しました
Kapellさんが言っていた、
これは凄い!!そのままです、

空間の広がり、空気の静けさ、レンジも拡大したようです、
明日レポートします。

No title

ウッドさん、こんばんは。

そうですか!FIDELIXの三端子レギュレーター交換完了。(^^
やっぱり凄い!!ですよね。

レポートを楽しみにしております♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ