FC2ブログ

シベリウス・ヴァイオリン協奏曲


カラヤン指揮/ベルリン・フィル、フェラス(ヴァイオリン)

フェラスのヴァイオリン、シベリウスの曲想と波動がピタッと一致して・・・私、思わず唸りました。
また、カラヤンもやる気十分。

カラヤンのシベリウス・・・
エールリンク、ハンニカイネンより頭で考えた感じがしないでもないですが、名門ベルリンフィルを率いて思うがままの表現が、見事なシベリウスの自然を描き出します。
カラヤンの心情吐露でしょうか・・・?

このCDに収められた交響曲第5番も素晴らしい(特に第2楽章)ですが、第7番も孤高ささえ感じさせる立派な演奏だと思います。個人的には、エールリンクと双璧だと思っています。ヤルヴィは、今ひとつグッと来ない・・・。

スポンサーサイト



コメント

No title

カラヤンはシベリウスに特別な思い入れがあったみたいですね。私もカラヤンは大好きなのでシベリウス買ってみようかな…カラヤンは一見表面を磨いただけみたいな音楽だと言われますが、きっちりと生きてる音楽を奏でてくれています。

No title

本当に「巧言令色」かどうか、自らの耳で聴かなくては分かりませんよね。確かに地位を磐石にしてからの・・・慢心したかどうか分かりませんが~「それらしい演奏」のカラヤンは批判されても仕方ない部分はあるかもしれませんが・・・。

No title

カラヤン&フェラスはチャイコン持ってますがこれも秀逸です。カラヤンのシベリウスは4番、7番あたりがとても素晴らしいですので是非このCDも聴いてみようかと思います。

No title

Jinさん、ようこそ。カラヤン&フェラスはチャイコンもあるのですね~聴いてみたいです。このシベコン、お薦めです!

No title

フェラスはずいぶんと悪く書かれて損をしているヴァイオリニストですが、このシベリウスは誠実で、けして美音ばかりの人ではないですね。フェラスの愛聴盤にはほかに、シューマンのヴァイオリン・ソナタ(ピアノはバルビゼ)やフランクとルクーのソナタ(バルビゼ)があります。日本盤のCDも出たのにあんまり話題にならなかったのは残念でした。いずれもドイツ・グラモフォン原盤。来日したのにホテルで肩をぶつけてコンサートがキャンセルになったり、なんていうのも不運な人でした。

No title

カワサキヤさん、フェラスに違わずカラヤンも悪評には事欠かないですね。このシベリウスの素晴らしさからすると・・・フェラスのシューマンやフランク、是非、聴いてみたいです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ