FC2ブログ

プーランク・悲しみの聖母


ボード指揮/リヨン国立管弦楽団&合唱団(harmonia mundi HMC 905149)

悲しみの聖母=Stabat Mater(スターバト・マーテル) ・・・悲しみの聖母は十字架の元に立ち給えり・・・

ボードの指揮は奇を衒ったものではなく、この曲の静謐な美しさを大切に表現しているようです。
それにしても、プーランクの書く曲~特に声楽曲~は得も言われぬ極彩色の美に満ちています。

深い深い海の底に居るような感覚・・・一体、これは何なのか?

同CDに収められた他の2曲も、見事な演奏だと思います。

サルヴェ・レジーナ Salve Regina
聖母マリアへの賛歌ですが、郷愁を誘う旋律が印象的です。

黒衣の聖母への連祷 Litanies à la virge noire
闇から立ち昇る仄かな光、深い祷りが籠められています。

スポンサーサイト



コメント

No title

今回の定演で初めてプーランクという作曲家を知りました。
スタバトマーテルの音の響きはいいですね。
でもとても難しかった。

No title

tatsunorimanさん、はじめまして。
スターバト・マーテルの演奏は、凄く難しいでしょうね。音を取るだけでも大変でしょうし、不協和音を生かして綺麗に響かせないといけないので。しかし、無上の響きですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ