FC2ブログ

フォーレ:レクイエム


 

 
ナディア・ブーランジェ指揮
BBC交響楽団&合唱団他
 
リリ・ブーランジェ没後50周年追悼コンサート
 
録音:1968年11月、ロンドン、ライブ
intaglio INCD 703-1
 
フォーレの弟子ナディア・ブーランジェ女史の指揮する師直系のフォーレ。
 
門下生に錚々たる顔ぶれを持ち、超一流の教育者として著名な方です。
 
ジネット・ヌヴー
イーゴリ・マルケヴィチ
ディヌ・リパッティ
レナード・バーンスタイン
ダニエル・バレンボイム
スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ
ジョン・エリオット・ガーディナー
etc
 
クラシック以外でも
キース・ジャレット
クインシー・ジョーンズ
etc
 
さて、その演奏は深い祈りを籠めた厳粛なものです。
オケのパッセージは折り重なる様に立体的に奏され、合唱には清澄な心の流れが横溢しています。
 
コルボやクリュイタンスの美しい名演がありますが、このブーランジェの演奏も素晴らしいです。
 
 
決して華美に奔らない、抑制の効いたフォーレ。
 
この演奏が録音として残されたことを、私達は感謝しなければなりません。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

ブーランジェは名前だけしか知りませんでした、なるほど直系のフォーレですね。

No title

ひろちんさん、師の曲を演奏するのは大変なプレッシャーでしょう。
この演奏は、ブーランジェの人となりも感じられる精魂籠めた見事なものですよ。

No title

ブーランジェ女子の弟子でクラシック以外といえば、アストル・ピアソラを抜きにして語れません。そして師匠としての最大の貢献は、弟子ピアソラにタンゴへの回帰を後押しした事とくれば、我々は彼女に足を向けて寝られませんね。ちょっとこじつけですが、本日はmilonさんをお迎えする準備にピアソラの「タンゴ・ゼロ・アワー」(SACD)で音の調整をする筈が・・・調整を忘れて聴き入ってしましました。

No title

Kapell様
今日は。フォーレのレクイエム、私はクリュイタンスの録音しか持っていませんし、あまり聴かないのですが、やはり美しい作品ですね。このCDは一度、聴いてみたいものです。清澄な演奏のようですね。
また、ブーランジェの宗教曲も聴いてみたいところです。世俗音楽ばかり接してきた私ですが、たまには宗教音楽の世界に浸って、淀んだ精神を浄化したいものです。

No title

damaterraさん、ピアソラですか。タンゴの世界も深そうです。
ブーランジェ女史は、音楽の多様性までもを包摂する大器の師だったのですね。

No title

リラ1890様
今晩は。ブーランジェ女史のこの演奏には、無欲なものを感じます。
ナディアの妹・リリの宗教曲・・・胸に迫る告白かと。

宗教曲は、仰る通り心を浄化してくれますね。過去の自分を葬り、新たな自分を創造する音楽と思う時があります。

No title

今晩は!私は、コルボとスペインの少年合唱団によるものを持っていますよ!キングスカレッジ合唱団も確か1枚持っています。キングスカレッジとコルボのCDは大好きです。^^

No title

おさしぶりです。震災後、音楽について書くのも気分が乗らず、フォーレのレクイエムを取り上げようと考えていたところ、カペレさんのところに出ました。
かつて放送で聞いたのは、もっと古い録音だったが…と思って調べると、ブーランジェ女史、二度録音していて、1948年録音のSPがこの曲最初の録音とのことです。
私が耳にしたのはたぶん古いほうでしょう。演奏はとてもよかった。
こちらは現在BBCレジェンズで出ているのと同じでしょうか。未聴なのでぜひ聞いてみたいものです。
このレーベル「intaglio」も懐かしい。
箱入りのしゃれたデザインで、バルビローリ、デュ・プレ、ホーレンシュタインなどの珍しい音源が出ていました。
スイスなのか、イタリアなのか、正規盤なのかそうでないのか、よくわからないし、レーベル名の発音もわからない。

高校生のとき初めて購入したLPは、ウィルコックス指揮ゲブリッジ・キングズカレッジ合唱団のEMI盤。
コルボ、クリュイタンスのそれぞれ旧盤も大切に聞いています。
どんな演奏で聞いても心が洗われる名曲です。

No title

manamiさん、今晩は!
コルボとキングスカレッジ合唱団がお好きなのですね。
今後共、宜しくお願い致します。(^^♪

No title

yoshitakaさん、震災後は私もブログの更新意欲が湧かない状態です。フォーレのレクイエムを記事にとは奇遇ですね。

ブーランジェ女史は、同曲を2回録音しているのですか。この演奏はBBCレジェンズと恐らく同じでしょう。CD店で偶々見つけて衝動買いしたものです。
外連味のない見事な演奏と思います。確かに曲も名曲ですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ