FC2ブログ

ハーディングのブルックナー


 
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調
 
ダニエル・ハーディング指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団
第478回定期演奏会 トリフォニー・シリーズ第2夜
 
2011年6月18日(土) 14:00開演
すみだトリフォニーホール
 
すみだトリフォニーホールはサントリーホール等と比べて拙宅から少々遠いのが難点ですが、音響は割りと良いかと思われます。
 
ハーディングのブルックナーは初めて聴きましたが、私としては楽しめた演奏でした。
ゆったりしたテンポで、空気を孕んだように奏される弦。金管も圧倒的なヴォリューム感が聴かれました。
力づくではない、落ち着いた足取りで誠実な音楽作りに好感が持てます。宇野功芳氏曰くのブルックナー演奏の禁忌事項「効果を狙ったテンポやダイナミクスの激変」もなく、外連味のない自然なブルックナーだったと感じました。オケも巧いですね。新日本フィルの水準の高さを更めて実感致しました。
 
もっと若い頃のハーディングが持っていた斬新さは消え、円熟したものを感じさせる演奏でした。とは言え、手練手管に長けた老練な演奏とは違うので、不足を感じる向きもあるでしょう。同行した友人もそうしたコメントをしていました。またテンポが遅すぎてついていけないとも。私はチェリビダッケのテンポに慣れているので、あまりテンポが遅くて重たいとは思いませんでした。この辺が評価の分かれるところなのでしょう。
 
ハーディングには、今後共注目していきたいと思います♪
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

ランダムブログから来ました。
クラッシックから遠ざかって何年になるのでしょうか。
若い時のあの演奏会場の雰囲気を思い出しました。ありがとうございます。

返信コメントは無理になされなくても結構ですよ(笑)

No title

ハーディング氏は以前から注目していた指揮者でしたが、最近は(CD等を)あまり聴かなくなっていました。彼の音楽が変化したことにもよります。しかし、ハーディング氏が3月11日にごく僅かの聴衆のために演奏会を実行したこと、その後の日本に対する思いなどを読むにつけ、再び彼の音楽を聴いてみようという気になっております♪

No title

私も昨日の演奏会を聴いた者です。
宇野氏来てましたね。

演奏は、「端正」「丁寧」という印象を持ちました。
ゆったりしたテンポでしたが、粘着・拘泥という箇所はなく、むしろハーディングが丁寧にオケに指示を出して、一音一音共感を持ってしっかりと音を鳴らすということを主眼にしておるように思いました。
私は朝比奈の素朴なブルックナーやヴァントの理知の極みのような演奏を聴きますが、そのような演奏ではなく、端正にまっすぐ突き進むブルックナーでした。
好みはあるかと思いますが、ハーディングと同年代の一人としてああいう演奏はとても共感を持てました。
ウィーンフィルを指揮できる格の指揮者としての指揮姿・指示出しを味わうだけでも良いと思います。

また終演後、ロビーで燕尾服のままで募金活動したり、サインに応じたり、本当に頭の下がる思いでした。

素晴らしい演奏会に改めてオケとマエストロに感謝です!!(総統閣下のお怒りネタではないですが、これじゃまた音楽監督が陰に隠れてしまう・・)

No title

ハルコウさん、確かにハーディングの音楽は変質したかもしれません。
今回のコンサートでハーディングを間近に見て、その誠実・謙虚な人柄を強く感じました。友人の話では「おっかけ」もいるそうで、そうしたくなる気持ちも分からないではないと思った次第です。私は「おっかけ」ませんが。(^^ゞ

No title

holberg_suiteさん、ご訪問有難うございます。
宇野氏が来ていたのですか~記事で偶々引用しましたが知りませんでした。

私も仰る通り、「端正」「丁寧」という印象を持ちました。しっかりとオケを鳴らし、響きを味わう様な演奏でした。演奏のまっすぐさがブルックナーの純朴さに通じている気も致しました。

ハーディングの指揮姿も颯爽として嫌味がなく、オケとのコミュニケーションの良さを感じさせるものでした。

ロビーの募金ですが、ハーディングが抱える箱に紙幣が次から次に溜まっていくのが見えました。人気振りも窺えますね。

私にとっても素晴らしい演奏会でした♪

No title

(その人の音楽性、ましてや演奏とは関係ない次元の話と強調しておきますが・・・)新日フィル音楽監督のアルミンク氏が震災後の行動に関して各所で叩かれたのに対して、パートナー(主席客演指揮者といったところでしょうか)のハーディング氏はひと言「男を上げ」ましたね!
明日20日のチャリティコンサートは業務都合で行くことが困難ですが、指揮者、奏者、スタッフ、聴衆そしてチャリティが向けられるべき全ての人々と心が一つでありたいと願っています。(ちょっと気張り過ぎでした・・・)
でも、アルミンク氏も6年ほど前「(故フリードリヒ・)グルダを楽しく思い出す会」でアルゲリッチ、パウル・リコの二人の子息、カプソン兄弟と共演した際には、素晴らしい指揮ぶりでした・・・とフォローしておきます。

No title

damaterraさん、アルミンクとハーディングにそうした経緯があったのですね。
上に立つ者の行動を世間はよく見ていますから、よく考えて行動しないと評判に関ります。一方今回のコンサートでも、指揮台に限らずハーディングの立ち居振る舞いは立派でした。
新日本フィルの演奏水準を高めた功績は、アルミンクにあるのでしょうか。歴代の音楽監督・指揮者を聴き比べたことがないのでよく分かりません。アルミンクは2013年満期退任発表済とか・・・。

No title

昨日、生演奏を聴かれたんですか!!
しかもブルックナーの第8♪
ハーディングのブルックナーなんて、なんと新鮮な演奏でしょう❤ 是非、聴きたかったです~!これからは、ハーディングのような若い指揮者にブルックナーをもっともっと振ってもらいたいですね。
kapellさんも満足されたようで、良かったのですね。

No title

ハーディングは名前が知られているわりにはあまりCDが出ていないので、ほとんど演奏を聴いたことはありませんが、8番を取り上げるあたりはブルックナーにも相当自信を持っているようですね。
地方に住む私のような者にとっては、オーケストラの生演奏を聴く機会がほとんどないので、もう少しレコーディングにも力を入れてもらいたいものです。

No title

とだのおいちゃんさん、大変失礼致しました。
ニックネームを間違えて11:35にお返事してしまいました。
削除の上、改めてお返事させて頂きます。

ご訪問有難うございます。
お若い頃、楽器でもなさっていたのでしょうか。
自宅のステレオで聴く音楽も良いですが、コンサート会場で多くの人達と感動を共有するのも良いですね。

No title

Junozaさん、ハーディングのブル8聴いてしまいました。(^^
斬新とは違うのですが、端正な中に一種の新鮮さも内包していた様に感じました。若い指揮者のブルックナーも、聴いていきたいと思います。
ええ、満足でしたよ♪

No title

あおぞらさん、そうですね~ブルックナーの8番を採り上げるだけの自信が感じられる演奏だったと思います。
ライブ録音していれば、FMかCDで楽しめそうですが・・・インターネットでダウンロード出来ると簡便で助かりますね。(^^

No title

本日22日、すみだトリフォニーHのマーラー5番に行ってきました。先週のブルックナーを聴いていないので偉そうな事は言えませんが、現状のハーディング氏はあえて二者択一(ブルックナーとマーラー)するとすれば、マーラー指揮者であるとの感を深くしました。
マーラー演奏の充実もさることながら、「ホルベルグ組曲」さんが言及されているように、終演後の募金活動などハーディング氏には本当に頭の下がる思いがしました。
が、しかーし、冒頭東日本大震災の犠牲者のために拍手なしで捧げられた、エルガー「エニグマ変奏曲」の第9変奏「ニムロッド」に一番落涙(心の中では号泣!)した事を正直に告白しておきましょう!
(英国人のハーディング氏にとって、月並みですがエルガーは「血は水よりも濃い!」のだと思いました)

No title

damaterraさん、このコンサート後、友人とハーディングはマーラーかもという話はありました。ウィーンフィルとの10番は未聴なので、是非、聴いてみたいと思っている次第です。かと言って、このブルックナーも私は好きですよ。
しかし、ハーディングの人となりには本当に頭が下がりますね。
人の心の痛みが分かる人は、正に上に立つべき人です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ