FC2ブログ

ギュラーのベートーヴェン&ショパン


 
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番作品58
ショパン:ピアノ協奏曲第2番へ短調作品21
 
ユーラ・ギュラー(ピアノ)
デジレ=エミール・アンゲルブレヒト指揮
フランス国立管弦楽団
 
CD・モノラル・録音:1958年5月15日(ベートーヴェン)、1959年6月21日(ショパン)
TAHRA tah 719
 
クラシック好き・コンサート仲間の友人と立ち寄った渋谷のタワレコで、友人がこのCDを見つけて私に「買わないのか?」という仕草を見せました。クレジットを見ると、何と指揮者はドビュッシー演奏の大家アンゲルブレヒトではないですか! 試聴出来たので、早速訊いてみました。ムムムッこれはやられました~。
 
即買い。
 
恐ろしく清澄で深いベートーヴェン、この曲の素晴らしさを再認識する演奏です。第1楽章の滲み出る風格、第2楽章、ピアノとオケの対話がベートーヴェンの心の内奥に誘ってくれます。それにしても、この弱音の妙には痺れさせられます。第3楽章、ピアニストも指揮者も感性の鋭さと表現力が並大抵ではなく、堂々たる響きも相俟って本当に充実した音楽が溢れます。
 
ショパンも何かが憑依したかの様な見事な演奏です。第1楽章、のっけから慟哭の世界ですが、決して乱れることなく悲しみを抑えているので、却って聴いているこちらの目頭が熱くなってしまいます。ロマンティックな心象世界に飛翔していくが如くの広い空間を感じる演奏で、表現に思索の跡が窺えます。第2楽章、物思いに耽る様なギュラーのピアノ、美しい音色でやはり弱音が効いています。第3楽章、背後に静けさ・緊迫感が存在し、ピアニスト・指揮者・オケ~三位一体の集中度の高さを感じます。
 
このCD、モノラルながら音質は鮮明です。
シェルヘンのお嬢さんも、実に良い物を世に出してくれますね。(^^♪
スポンサーサイト



コメント

No title

良いもの、買えて良かったですね。
私も、中古のLPをたくさん買ったのでこれから聴きます。
私も、良い物に当たりますように!

No title

smart3158さん、当たりでした。(^^
中古のLP大量買いですか~1枚1枚聴いていく楽しみがありますね。
良い物に当たることをお祈り申し上げます!

No title

このレビューを見たら聞きたくなりますよ!欲しい!でもAmazonで売ってるのかな??素晴らしい掘り出し物でしたね(*^_^*)

No title

うたひめさん、Amazonにはないみたいですが・・・
ネットのタワレコとHMVにありました。
http://tower.jp/item/2872071/Beethoven:-Piano-Concerto-No-4-Op-58;-Chopin-Piano-Concerto-No-2-Op-21
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4034246
素晴らしい掘り出し物~これだから止められません!(^^♪

No title

ご紹介ありがとうございます!明日早速買います。\(^O^)/

No title

うたひめさん、ご丁寧に有難うございます。
お気に召して頂けましたら何よりです。m(__)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ