FC2ブログ

ブルックナー・交響曲第7番


ヨッフム指揮/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

じっくりとヨッフムの美感で満たされたブルックナー。

学生時代に友人がこの演奏を生で聴いて、甚く感動していたのを覚えています。こうしてCDで発売になって、実に幸いでした。

オケの響きは重厚で、表現も旧き良き時代を思わせるものですが、それだけではない充実した魅力ある演奏です。

カップリングのモーツァルト交響曲第33番も、何気に貫禄の名演だと思います。

オマケに音がとても良いのです。恐らくマイクは2本だけのシンプルな録音かと・・・。それだけにマルチマイク・ミキシングによる相殺効果がなく、音場感情報が豊かです。

演奏的にも、オーディオ的にも、お薦めのCDです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ