FC2ブログ

Mr.Sの第9


Stanislaw Skrowaczewski
 

 
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」ニ短調作品125
 
スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ指揮
NHK交響楽団
 
2011年12月26日(月)19:00開演 NHKホール
 
 
年末と言えば第9ということで、日本人のセレモニー感覚ですが行って参りました。
今年は、Mr.S~スクロヴァチェフスキ指揮・N響にしました。
 
スクロヴァチェフスキのベートーヴェンは、数年前に第5「運命」をテレビで視聴して、何だか特徴のない気合の入らない演奏だな~との印象を勝手に持っておりました。ブルックナーだと素晴らしいのに、ベートーヴェンでは勝手が違うということなのか・・・?
 
さて今回の第9ですが、声を大にして「これは名演!!!」と言いたいです。
 
第1楽章は、早目のテンポで彫りが浅く、オケも興が乗っていない感じです。第2楽章も、同様に早目のテンポで今イチでしたので、このまま行くと行方不明で終わるかなと危惧の念を禁じ得ませんでした。
 
ところがどっこい、第3楽章になっていきなりテンポを落とし、深々とした響きが出てきたではないですか! 思わず惹き込まれる清澄なる響の妙~天を仰ぐかの如し。第4楽章も終始落ち着いた運びで、自然でいて格調の高い音楽が奏でられます。響きは常に厚く、オケも合唱も目一杯の感情移入でスクロヴァチェフスキの指揮に応えます。どこにも力瘤を入れた跡がないのですが、この音楽の充実振りは瞠目に値します。
 
その後、同行した友人と渋谷で一杯やって、いいコンサートの後でいい気分になって午前様にて帰宅です。(^^ゞ
スポンサーサイト



コメント

No title

12月22日(木)の演奏をNHKホールからの中継(NHK-FM)で聴きました。最初は誰の演奏かわからなくて、カラヤンの昔のライヴ?と思ってしまったのですが、おっしゃるとおり、第3楽章以降が素晴らしく、特に終楽章の合唱(田中信昭/国立音楽大学合唱団)が入ってから以降は感動しました。N響の第九は良いと思うことがあまりなかったので、今年は当たりだったのではないでしょうか。Eテレでも放送されるようなので録画しようと思いますが、これは生で聴きたかったです。

No title

あ~~生で聞きたかった!↑録画予約します。

No title

スクロヴァチェフスキは、この指揮者が70歳代の頃に、ブルックナーの第7番など2度、N響などで生演奏を聴いていますが、スケールが小さく、せっかちな感じのテンポ設定であったため、ちょっと期待はずれでした。
今回の第九は、円熟した演奏が聴けるのではないかと思いましたが、年齢的なことも考えて、やめてしまいました。大晦日にテレビで放映されるようですので、ぜひ聴いてみたいと思っています。

No title

私は、大みそかはテレビでN響の第9を聴いて年越しするのが恒例になっているのですが、今年はかなり期待できそうですね。
ただ、一番好きな第1楽章があまりよくない、というのが少し気になります。

No title

ハルコウさん、この演奏について同様の感想をお持ちだったのですね。
>N響の第九は良いと思うことがあまりなかったので・・・
駄目元で聴きに行きましたら、偶々当たりでした。(^^ゞ
3階の廉価な席でしたが、オケや合唱の全体が俯瞰出来て、第9では却って良かったかなと思っております。
大晦日の放送は、録画して保存版にするつもりです♪

No title

うたひめさん、本当に感動的なコンサートでした!
是非、録画してご覧下さい。(^^

No title

yymoonさん、確かにスクロヴァチェフスキは性急な演奏をすることがありましたね。今回、私が懸念していたのもその辺があったからなのです。しかし、その懸念は見事に覆されました。
Mr.Sも80歳を超えて、遂にこの領域に達したのだと感慨を深めております。大晦日の放送が、私も楽しみです♪

No title

あおぞらさん、年末恒例の第9鑑賞ですね。
今年は期待して損はありません!
私も第1楽章が好きで期待していたのですが、ここは肩透かしを食らってしまいました。しかし第3楽章、第4楽章の素晴らしさは、それを補って余りあるものです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ