FC2ブログ

香りの芸術


 
現代のシャネルNo.19 「シャネルNo.19プードレ」
 
若い頃、意中の女性に香水を贈ったりしたものです。
 
気障かも・・・。(^^ゞ
 
有名処の香水はいくつも試してみましたが、一番好みだったのがシャネルNo.19。
 
繊細で高貴な色香を感じさせる、香りだけで人を幸せにしてしまう魔力。
調香師アンリ・ロベールの名作。
 
私の使っているプール・ムッシュウも彼の作品です。
 
そのNo.19の基本となっているアイリスの香りをベースにして、現代風にアレンジしたものがこのプードレとのこと。
洗練された都会のイメージが感じられます。
 
 
つける女性(ひと)によって香りは変わってくる・・・音楽と演奏家の様なものでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

No title

シャネルではNo.19がいちばん好きですね、清潔な感じが日本人好みなのかも。
私自身はロエベのプルオム。気合いを入れるときはウルトラマリンです。

No title

ひろちんさん、同じアンリ・ロベール作でクリスタルも好みです。
同じ調香師とは、後で知ってなるほどと思った次第です。

シャネルがショパンだとすれば、ロエベはリストですね。(^^

No title

こんばんは、ごぶさたしています。フレグランスが取り上げられたのでしゃしゃり出ますが、No.19といえば「グリーンノート」の大傑作。もう20年以上も前だと思いますが、定番中の定番であるNo.5の売り上げを上回ったことで名を馳せていましたっけ。もっとも小生は「ブルーノート」?派なので、愛用は(前にもコメントしたかも・・・)アリュール(プール)オムですが・・・

No title

damaterraさん、No.19はNo.5の売り上げを上回ったことがあるのですか。
No.19は爽やか上品系なので、気兼ねなく使えるからでしょうね。
グリーンノートが草食系なら、ブルーノートは肉食系かも。
007辺りは、ブルーノート派でしょう。(^^

No title

小さい頃、叔父(母の弟)が旅行土産に母に買ってきて、それを僕がこぼして、大変な騒ぎになった記憶が・・・。( ̄∇ ̄;)
香水は、程々が肝心ですね。

No title

たかあきさん、それはNo.5ですね。
香水は、本当に程々が肝心ですね。つけ過ぎると、悪臭にしかなりません。ほんのりくらいが、良いセンスかと。(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ