FC2ブログ

ブラームス:交響曲第4番ホ短調


 
ブラームス:交響曲第4番ホ短調
 
ヨーゼフ・カイルベルト指揮
バンベルク交響楽団
 
CD・ステレオ・録音:1968年5月20日、東京文化会館、NHK収録ライブ
キング KICC 422
 
 
外連味のない、実に滋味深い演奏。
 
誠実で温かく、黄金の中庸といった風情ですが、ブラームスの音楽の世界に知らず知らずに引き摺り込まれる様な一種の緊迫感も併せ持っています。
 
ブラームスの書いた楽譜に対して、カイルベルトは畏敬の念を持って接していることが、ひしひしと伝わってきます。その姿勢が、何よりかくも豊かな音楽美を生み出しているのです。
 
この演奏は、本当に見事です!!
 
個人的には、シューリヒト/バイエルン放送響、アルヴィド・ヤンソンス/ドレスデン・シュターツカペレ、ザンデルリンク/ベルリン響(新盤)、クナッパーツブッシュ/ケルン放送響、ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルと並ぶ名演奏となりました♪
 
カイルベルトは、この演奏の僅か2ヵ月後、ミュンヘン・オペラ総監督として「トリスタンとイゾルデ」を指揮している最中に心臓麻痺で倒れ、そのまま帰らぬ人となったのです。
スポンサーサイト



コメント

No title

Kapeii様
今日は。ブラームスをあまり聴かない私でも、『交響曲第4番』と『ヴァイオリン協奏曲』は例外です。若い頃、第四番はフルトヴェングラー、ベルリン・フィルハーモニー(EMI,1948年)に呪縛されてしまい、いまだにその呪縛が解けません。レコードやCDはかなりありますが、Kapell様が推薦されている各演奏は持っていないと思います。フルトヴェングラーも久しく聴いておりませんでした。御紹介のカイルベルトから初めて、虚心坦懐に耳を傾けてみたいと考えます。

No title

リラ1890様
今日は。ブラームスは、好みが分かれそうな作曲家ですね。仰るところのフルトヴェングラー/ベルリン・フィルも、名盤の誉れ高いもので所持しております。特に第4楽章の木管が印象的でした。ある意味、カイルベルトの演奏は、フルトヴェングラーの対極にある演奏かと思います。是非、お聴きになってみて下さい。(^^

No title

カイルベルトのブラームス4番はハンブルク国立フィルとのLPを持っているのですが、「音があまり良くない」という印象が強く、ベルリン・フィルとの2番ほどには記憶に残っていません。今度ゆっくり聴きなおしてみることにします。

No title

あおぞらさん、私もそのLP持っております。
私も、LPの演奏を更めて聴き直そうと思っています。
カイルベルト死の直前の演奏には、得も言われぬ結晶化された様式美がある様な気が致します。

No title

こんばんは。バンベルクSO繋がりのこじつけですが、最近はTUDORから出ているジョナサン・ノット指揮のマーラー(まだ全集は未完で単発ですが、SACDハイブリッドながら比較的廉価です)を良く聴いています。近作の第3番ではアルトに藤村実穂子さんを起用しており、名唱です!
ブラームス4番に目を向ければ、昨晩は旧友との飲み会の帰りにiPhoneで若杉/ケルン放送響のALTUS録音を聴いて、電車内で至福のひと時でした。幸い終電間近は混雑しており、座れなかったのも(寝過す心配が無く)ラッキーだったかもしれません。

No title

damaterraさん、全くお気になさらずにどうぞ!(^^
ノットは良さそうですね。マラ2も評判が良い様です。

ブラ4に限らず、若杉の演奏には「心血を注いだ響き」が感じられますね。飲み会の後の至福の時~しかし、座れなくても立ったまま寝てしまうことも・・・膝がガクッとなって目が覚める恥ずかしさったら!Orz

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ