FC2ブログ

プレヴィンのモーツァルト


モーツァルト・ピアノ協奏曲第24番K.491
アンドレ・プレヴィン指揮&ピアノ/NHK交響楽団(2005.5.8 N響アワー放送)
※写真はウィーン・フィルとの弾き振りのCD(PHILIPS 412524-2)のもの

プレヴィンと言えば、クラシックのみならず、ジャズ、映画音楽までこなすマルチ・アーティストですが、この人のモーツァルトが半端じゃありません。しかも弾き振り。

写真のウィーン・フィルとの弾き振りの演奏(PHILIPS 412524-2)は、それらしい表情を付け過ぎていたかも・・・と思うくらいに、このN響との演奏は自然体なのに遥かに深みを増しているのです。N響アワーの解説者も言っていましたが、プレヴィンは楽団員とアイコンタクトを取っています。そして、音楽の隅々に神経を通わせているのです。

ピアノの表情の付け方が絶妙で、やり過ぎず、やらなさ過ぎないのです。敢えて抑えた音が、微妙なテンポ・ルバートが堪らない・・・。オケのコントロールも流石、様式美を保ちつつ、この曲の持つ悲壮感を十全に表現するという神業に近いことを、まさか・・・やっちゃうとはねー!
プレヴィンのオリジナルになるカデンツァも、万感胸に迫るものがあります・・・作曲も本業ですから。

これだから、音楽は止められません。こういう演奏を成し遂げてしまう人がいる、ということ自体に既に感動します。

これは、是非、お聴き頂きたい名演です。

スポンサーサイト



コメント

No title

プレヴィンの才能はまったく驚異的。これだけモーツァルトがいいのに加えて、ジャズ・ピアニストとしても名盤が続出。中で隠れたジャズの名演はCBSの「4 to go」とコンテンポラリーの「ダブル・プレイ」。とくに後者はラス・フリーマンとピアノ2台で弾きまくり。中古屋でしょっちゅう見かけます。

No title

カワサキヤさん、プレヴィンは多芸多才な人ですが、地位や名誉にはあまり拘らないみたいですね。女性は~かなりお好きみたいですが・・・(^_^;)。「ダブル・プレイ」のLP、今でも偶に聴きます。ノリノリです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ