FC2ブログ

録音について

録音がメーカー等の都合で弄くられているものは・・・大抵、駄目ですね。

ミキシング物は良くないことが多いです・・・マイクが妙に楽器に近づけられた光景を見られた方は多いと思います。これは、よくあるマルチ・マイク録音です。しかし、実際のコンサートでひとつひとつの楽器に自分の耳を近付けて聴くなんてことは~あり得ねー!でしょう。つまり、音場感情報は初めからなしの世界なのです。

ミキシング=技術万能と勘違いですかね?
中にはミキシングものであっても、使用マイクの位置・配置や物理的並びに音楽的感度をきちんと認識・配慮して、見事な職人芸をもって感動的に巧く纏めている録音(英DECCAの一部等)もあります。これはこれで、ひとつの芸術です。

問題なのは、そうでないものが世の中に数多く存在するという現実です。

マルチ・マイク即ちミキシング録音の多くは、欺瞞的テクニックでは・・・?沢山のそれらしい録音機材があると、それだけで音がいいと勘違いする心理を突いているのかもしれません。

マルチ・マイク録音は同地点から発せられた直接&間接音が地点の異なる複数のマイクに入り、それをミキシングする結果、タイミングのずれた音響のベクトル情報が複雑に相殺され、金田氏曰くの「半殺しトーン」に成り下がる可能性が高いのです。それは・・・楽器の音は勿論、ホール・トーンまで著しく歪めてしまうのです。

音の到達時間をコントロールした上でミキシングするハイテクもありますが、所詮、今の処は大同小異です。異常な音が記録され、再生される・・・下手すると脳細胞がストレスで破壊されるかも・・・^_^;。

「感度の良いワンポイント・ステレオマイク録音が理想です。」

しかし、マイクの性能・感度が今ひとつなものが多い・・・主にマイク・アンプがシャビーなのです。
それは、何故か?マルチ・マイク録音が跋扈する理由そのものなのですが・・・

林立マイクありの、ミキシング・コンソールありの、そのためのエンジニアありの等々・・・複数の利害関係があるからこそ、そうなってしまうのです。そういったものが、ワンポイントの優秀マイクの利用乃至開発を遠ざけ、その都合で音を、音楽を、破壊しているのです。

実に寂しいですね。

スポンサーサイト



コメント

No title

興味深く読まさせていただきました。トーンエンジニアのセンスが非常に問われる仕事だと思います。エンジニアのセンスがよくても、環境が悪かったりすれば良い録音は生まれないし…。ワンポイントといえば、DENONですね。

No title

アキュフェーズのデモCDというものがありまして、これはDENONレーベルのCDからの抜粋なんです。インバルのマーラーや、イタリア合奏団、チェンバロ、オーボエ、鮫島さん、ヘルマン・プライなど様々な編成や音域の音楽が詰まっています。話はそれますが、例えば今世紀になってからのグラモフォンの4Dなどはかなり昔に比べれば安定してきていると思います。

No title

コメント、畏れ入ります。エンジニアもいい加減なのは・・・何事もです。DENONレーベル~イタリア合奏団のヴィヴァルディ/ラ・チェートラは、雰囲気豊かな名録音だと思います。仰る通り、グラモフォン4Dも良くなっていますね。

No title

DGの4Dは、いまでは相当に良い録音になりました。それから、真空管のアンプで聴くと、また味わいが変ってきますね。わたくしは、大古のマッキントッシュの球のアンプMC225と最近のデジタル・アンプを使い分けておりますが、60年代の録音には、球のアンプが抜群の相性の良さを覚えます。ワンポイント的なアメリカ・マーキュリー社の録音など、吃驚するほど、オーケストラの細部まで聴き取れます。球の音は、いわば「味付けされた」音ですが、名人の板前さんの料理みたいなものでしょうか。

No title

旧い録音は、球のアンプを使っていますので相性が良いのだと思います。ところで球の音に癖があると世間では言われますが、球より寧ろ出力トランスの癖が大きな要因なのです。出力トランスはインピーダンス変換器ですが、バンドパス・フィルターでもあります。球自体の動作はシンプルで、トランジスタよりもハイスピードで情報量の多い音を得られる可能性を秘めています。何せ球の中身は真空で電子を遮るものがないですから・・・。

No title

仰るとおりです。マッキンの音はトランスの音でしょう。そして球の情報量の多さは圧倒的です。録音会場の音の拡がりが手に取るようにわかります。リアルな臨場感というよりも、その場の雰囲気みたいなものに説得力があります。ヴァイオリン・ソナタやカルテットなど、ほんとうに生々しい音です。球なら何でも良いというわけにはいきませんが、そこがまた苦労のし甲斐がありますね。

No title

カワサキヤさん、私は出力トランス必要悪論者ではないですよ・・・マッキンをはじめ、いいトランスは本当に音楽を生き生きと鳴らしますね。ダイナミック・スピーカーという原始的な機構を持つものをドライブするには、お誂え向きのアイテムでもあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ