FC2ブログ

ブルックナー・交響曲第5番


ヴァント指揮/ミュンヘン・フィル(Profil PH06012)

近所のレコード店は売り切れで、タワレコ(ネット)でゲットしました。
ベルリン・フィル盤と比べて、どうなのかが最大の関心事!でした。

ベルリン盤は、ヴァントの緻密な計算が極めて充実した音響として具現した、隙が殆ど無い演奏。
技術的には世界一レベルのベルリン・フィルが徹底的な練習を積んだ・・・天下のベルリン・フィルをしてマエストロ:ヴァントに「もっと練習しましょう」と言わしめたくらい、オケとしての思い入れも半端じゃない、非常に完成度の高いもの・・・。

対するミュンヘン盤は、計算云々というより、誤解されるかもしれませんが・・・「朝比奈 隆」っぽい歩の進め方、オケの鳴らし方をところどころ感じました。また、表現が暖色系・・・ベルリン盤はこれに比べたら寒色系かもしれません。しかし、このミュンヘン盤もヴァントならではの鋭い眼光が随所に走っており、決して生温くはありません。

(おっと、朝比奈 隆を非難しているのではありませんよ。別投稿の朝比奈 隆のブル8をご参照下さい。私は、朝比奈ファンでもあります。)

当ミュンヘン盤・・・気迫や分厚いハーモニーが並大抵ではなく凄い演奏です。ただ、それが終始維持出来ているかというと、そうでもない・・・完成度としては、ベルリン盤に一歩譲るかもしれません。

~ということで、個人的にはベルリン盤を凌ぐものではないように感じましたが・・・両方聴かれた方、如何でしたでしょうか?

ブル9のミュンヘン盤があまりにも凄い(Sardana sacd-105/6)のです~別投稿しておりますので、宜しければご覧下さい~それ故に当ブル5の同オケ・ミュンヘン盤は、演奏のレベルに物足りなさを感じてしまう部分もあるのです。

音質は同時に出たミュンヘン・フィルとの第8よりも鮮明で、コンサート・プレゼンスが豊かです。

スポンサーサイト



コメント

No title

(゚ロ゚屮)屮 おぉ!!これですね!アップありがとうございます。

No title

む~ちゃんさん(「さん」付くと、やっぱ変ですか?)、どう致しまして。御礼頂きまして恐縮です。私の独断と偏見かも・・・ですが、涙もの(T_T)演奏を順次アップ致しますね。イメージ膨らませておいて頂ければと・・・。

No title

なかなか鋭いレヴーですね。Liveならではの緊張感は十分伝わってきます。でも、「朝比奈」ぽいでしょうか?あまり朝比奈さんのブルックナーは聴いたことがありませんので・・

No title

junozaさん、畏れ入ります。ライヴ録音特有の緊張感がありますね。朝比奈さんっぽいというのは、計算ヅクでなくて、ある意味で無手勝流なんだけれど、ハートや人間性で聴かせるといった部分のことを言ったつもりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ