FC2ブログ

ロスバウトのハイドン


 
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ長調 K.218
1. 1楽章:Allegro                                 09:04
2. 2楽章:Andante cantabile                               06:28
3. 3楽章:Rondeau.Andante grazioso-Allegro ma non troppo  07:00
           
ハイドン:交響曲 第92番 ト長調 Hob.I:92 ≪オックスフォード≫ 
4. 1楽章:Adagio-Allegro spiritoso                          06:10
5. 2楽章:Adagio                                 07:49
6. 3楽章:Menuet.Allegretto                               04:00
7. 4楽章:Finale.Presto                                    05:29
 
ハイドン:交響曲 第104番 ニ長調 Hob.I:104 ≪ロンドン≫ 
8. 1楽章:Adagio-Allegro                                   08:51
9. 2楽章:Andante                                         08:16  
10.3楽章:Menuet.Allegro-Trio-Menuet                      05:31 
11.4楽章:Finale.Spiritoso                                  05:17
 
 Hans Rosbaud
演奏者Berlin Philharmonic Orchestra
           1~3 Wolfgang Schneiderhan(ヴァイオリン
 
 音:Studio (Mono), 1~3 8~11 March 1956, 4~7 March 1957
 
Deutsche Grammophon
UCCG-90352
 
 
ロスバウトのハイドンは、分析的で稠密な視点を持ちつつ、新鮮にして精彩を放つ、実に素晴らしいものです。ロスバウトは現代音楽のスペシャリストとして知られていますが、古典の解釈も見事です。ハイドンの名演盤と言うと、ザンデルリンク、シューリヒト、ワルター等々が浮かんできますが、このロスバウト盤もそれらに比肩する本当に驚異的な演奏です。
 
オケはベルリンフィル、録音された1956~1957年は既にカラヤンの時代ですが、まだフルトヴェングラーの頃の響きが色濃く残っている様です。
 
 
音楽が今ここで生まれた様に、生き生きと奏でられる旋律達。
自由闊達でありながら、律せられた様式美。
 
ロスバウトのハイドン・・・それは至福の時。
 
 
モノラル録音ながら、音質は鮮明で鑑賞に支障はありません。
スポンサーサイト



コメント

No title

私も持っています。きりっとした透明感が魅力の指揮者で、ことに「104番」は聴き応えがありますね。彼の録音ではシベリウスの「トゥオネラの白鳥」と「タピオラ」もよかったと思います。

No title

リラ1890さん、ナイス!有難うございます。

No title

yositakaさん、ロスバウトがこれ程素晴らしいハイドンを聴かせてくれるとは、本当に嬉しい驚きでした。
シベリウスのアルバムも、既にポチしております。やはり良いのですね。楽しみです♪

No title

ロスバウト指揮のブルックナーは確か何枚か持ってます。
モノラルですが、録音は良かったなと記憶してます。モーツァルトやハイドンも指揮をされていたんですね。

No title

Junozaさん、ブルックナーも期待出来そうです!
これから、12月発売のCDにポチしようと思っています♪

No title

秋は、ヴァイオリンの音が無性に聴きたくなりますね・・・。(´-`*)

No title

たかあきさん、芸術の秋ですね。
今年は秋らしい日が少なく、急に寒くなった気が致します。

No title

ロスバウトはトゥーランガリーラが面白い、濃厚な官能は何処へ…。
これはブルリンフィルなのですね。
南西ドイツ放送s.o.は今でも私には最高のオケです^^

No title

ひろちんさん、トゥーランガリーラですか~斬新な演奏なのでしょうね。
ロスバウトは、ベルリンフィルきっちり締め上げて使っています。
南西ドイツを振ったブルックナーが12月に出ますので、首を長くして待っております♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ