FC2ブログ

Panasonic SL-PS700(その1)

 

上段:ONKYO C-S5VL
下段:Panasonic SL-PS700
 
へうたむさんのブログで採り上げられていたPanasonic SL-PS700。
 
かなりの高評価でしたので、私も思わずゲットしてしまいました。4週間ほど聴き込んでみて、流石高評価だけのことはあると感心致しました。兎に角すっきりとした音で、バランスが良く聴き疲れしません。クラシックもボップスも音楽的に破綻なく聴けるのは、この価格(当時39,800円)としては驚きです。CDローディングメカニズムが凝っていて反応も早く、世評では耐久性も相当なものらしいです。1991年の製品ですから既に20年以上経っていて、事実快調に動作しています。
 
しかし・・・改造の虫が蠢き出してしまったのです。クロックをFIDELIXのPure Rhythm 2にしたら、どうなるだろう?回路図を見ると、水晶発振子は16.9344MHzなので丁度手持ちがあります。もうこれはやるしかないモード。早速開腹手術となりました。
 

 
あれ?この水晶発振子、回路図と周波数が違います。現物は33.8688MHzで、2倍の周波数になっています。これでは手持ちのPure Rhythm 2が使えません。仕方ないので、もう勢いでFIDELIXに33.8688MHzを注文してしまいました。折角開腹したのだから、とりあえず電源の整流ダイオードをA&R LabのSBDに、平滑コンデンサーをニチコンKZに、三端子レギュレーターをFIDELIX 超低ノイズ三端子レギュレーターに夫々交換しました。ジッターを減らす為には、何よりノイズを減らすことです。
 

取り外した部品
 

A&R Lab SBD FCH10A15/FRH10A15
 

ニチコン MUSE KZ 1,000μF
 

FIDELIX 超低ノイズ三端子レギュレーター +5V
 
さて交換後の音ですが、予想通りでした。すっきりとした音調はそのままに、潤い・滑らかさが増して、一層余韻がはっきりと聴き取れる様になり、空間の再現性も良くなりました。なかなかHiFiな音で、これでクロックを換装すれば更に新次元となるでしょう。このCDプレーヤーは基本性能が良いので、こうした改造がストレートに良く効きます♪ 因みにメガネ端子型着脱可能ACコードは、非メッキタイプにしてあります。
 
Pure Rhythm 2インストール後、ONKYO C-S5VLとの比較試聴をしてみたいと思います。
 
《2013.12.31追補・訂正》
上記に「水晶発振子の周波数が回路図と違う」とありますが、私の見間違いでした。D/AコンバーターMN6474に繋がる水晶発振子は、回路図上も33.8688MHzで現物と一致しております。お詫びの上、訂正させて頂きます。
スポンサーサイト



コメント

No title

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ネット上の“SL-PS700伝説”にまた新しい1ページが!

平滑コンを MUSE KZに換えられましたか。オリジナルはパナソニック Pureismで、たしかにやや平板な感じがしましたのでちょうどいいのかも。
私が手を入れると必ずといっていいほど神経質な音になるので、SL-PS700は手は入れないで行きたいと思います^^;。

MASH方式のDACは、多くが768fsという超高速で動作するようで、そのため33.8688MHzというクロックが必要、という感じです。
768倍アップサンプリングだとすると、比較すべきものではありませんが、SACDのfs=2.8224MHzの12倍です。

No title

へうたむさん、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

いやいや「伝説の1頁」とは~畏れ入ります。(笑)

平滑コンは容量を増やす手もあったかと思いますが、オリジナルの反応の速さも大事にしたいと考え、オリジナル通りの容量としました。

この機種はバランスが良く音楽的な音がするので、手を入れずオリジナルのままでいくのもありかと存じます。

MASH方式のDAC→多くが768fsの超高速で動作→33.8688MHzのクロックが必要~そういうことだったのですね。すっきりとしながらも、密度の濃い音がするのはその所為かもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ