FC2ブログ

ニコライ・マルコの第9


 
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調
ニコライ・マルコ指揮
エディット・オルドラップ、ソプラノ
エルゼ・ブレムス、メゾソプラノ
タイジ・タイジセン、テノール
ホルガー・バーディング、バス
デンマーク放送交響楽団
デンマーク放送合唱団
 
CD・モノ・録音:1955年1月30日、ニコライ・マルコ25周年祝賀コンサート、ライブ
DANACORD DACOCD 683
 
 
友人が英国渡航でゲットしてきたCDを貸してくれました。
聞いたことのない指揮者~ニコライ・マルコって、どんな指揮者なのか?
ライナーノートを見ると、1883年生まれ・ウクライナ出身の指揮者で、サンクト・ペテルブルク音楽院に学び、ミュンヘンで研鑽を積んだとのこと。その先生方も、錚々たるビッグネームばかり。祝賀コンサートが開かれるくらいですから、かなりの実力者だったかと。この面構えが、また一癖二癖ありそうで実に良いです。(笑)
 
さて、聴いてみました。
 
これは何とも、凄いです!
燃え上がる炎の如き魂。旋律の歌わせ方一つとっても、その説得力たるや並大抵ではありません。会場の祝賀ムードとは一転、この演奏は正に真剣勝負です。
 
後で調べてみましたら、何と日本のアマゾン(出品者は英国の業者)にあったので速攻ゲット致しました。
 
友人にこの場を借りて御礼申し上げます!
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは、ニコライ・マルコは友人が子供のころから聴いていた指揮者であるということで、私も音源をいくつか持っています。バレエ音楽「くるみ割り人形」やこの第9、そしてチャイコフスキーの4番などは懐かしい音源でもあります。

この方はあのムラヴィンスキーの指揮の先生でもありました!マルコはまた日本にも来日しており、「ニコライ・マルコ指揮者コンクール」というものもあります。

GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURY にも含まれていましたね!

No title

maskball2002さん、こんにちは。
ニコライ・マルコには、幾つか他にもアルバムがあるのですね。

サンクト・ペテルブルク音楽院で学んだとあるので、その繋がりか知りませんが、ムラヴィンスキーの先生でしたか。来日していたとは、まるで知りませんでした。

ニコライ・マルコは、英国やデンマークで特に高い評価を受けている指揮者なのですね。GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURYシリーズのハイドンの交響曲第92番は、LPでの発売時に非常に高い評価を受けたそうです。

No title

随分昔に”GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURY”のVol.11を聞いた覚えがありますが、その中では「ルスランとリュドミワ」序曲、プロコフィエフの7番、ボロディンの2番、新世界などが今でも印象に残っています。「くるみ割り人形」は言わずもがな!

彼はまた現代音楽もレパートリーにしており、バーバーのチェロ協奏曲の名演もあります。チェロはErling Blondal Bengtsson です。

No title

ニコライ・マルコ(当初リフテル→リヒテルになったように、ロシア語読みではマリコ!に近いようです)は、プロコフィエフ第七交響曲の最初期ステレオ録音(’54年?、すなわちステレオLP登場のかなり前!)が名盤です。ASDではリリースされず、後年廉価盤のCFP(クラシックス・フォー・プレジャー)企画がLP初出だったようです。
蛇足!の改訂版フィナーレを付加しない、オリジナル版(「青春」の副題に似合わず、寂しく終わるほう)での演奏も見識が伺えます。オイストラフとの、タネーエフ協奏組曲も素晴らしい!

No title

前のコメントに大変な間違いがありました。
ニコライ・マルコ指揮フィルハーモニア管による、プロコフィエフの第七交響曲は、当方所有のCD(EMIのCFPシリーズ)では二十数小節の賑やかなコーダを付加した改訂版による演奏!でした。訂正いたします。
ひょっとして2種類リリースされた可能性も無いでは無いですが・・・人の記憶は、あてにならないものです。

No title

TANNOY ECLIPSE買いました マルコにピッタリのスピーカーです。

No title

maskball2002さん、残された録音はあまり多くはない模様ですが、名演がいくつもあるのですね。

現代音楽も振っていたとは・・・少々意外です。

No title

damaterraさん、マルコ→マリコですか。日本人の語感ですと、マリコは真理子を想起させます。この面構えに真理子は、途轍もなくミスマッチかと。(爆)
プロコの7番は名演らしいですね。その年代でステレオとは驚きです。フィルハーモニア管は、クレンペラーの時代の前にマルコが振っていたのですね。

No title

あれれ.zz

オイラのコメントにはスルーですか?┐('~`;)┌

No title

どっこい大作さん、スルーなんてしませんよ。
急用が生じてしまい、申し訳ありません。

TANNOY ECLIPSE買われたのですか。マルコにピッタリかどうか分かりませんが、TANNOYなら旧い録音もそれなりに聴かせてくれるでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ