FC2ブログ

ロスバウトの「大地の歌」


 
Hans Rosbaud Conducts Mahler & Bruckner
 
Disc1
Mahler: Das Lied Von Der Erde
Grace Hoffmann, Alto
Helmut Melchert, Tenor
  1  Das Trinklied Von Jammer Der Erde  8:41    
  2  Der Einsame Im Herbst  10:52    
  3  Von Der Jugend  3:29    
  4  Von Der Schonheit  6:38    
  5  Der Trunkene Im Fruehling  4:36    
  6  Der Abshied  28:54    
  
Disc 2
Bruckner: Symphony No. 7 In E (Original Version) 
  1  Allegro Moderato  19:05    
  2  Adagio: Sehr Feierlich Und Sehr Langsam  21:33    
  3  Scherzo: Sehr Schnell  10:45    
  4  Finale: Bewegt Doch Nicht Schnell
 
Hans Rosbaut, conductor
Symphony Orchestra of the Southwest German Radio, Baden-Baden
 
CD・ステレオ・録音:1957年(Mahler)、1958年(Bruckner)、南西トーンスタジオ、シュトゥットガルト
 
VOXBOX LEGENDS CDX2 5518
 
 
ロスバウトのマーラーとブルックナーが、ステレオで聴ける有り難いアルバム。
以前、damaterraさんから、ご紹介頂いた盤(ブルックナーの方)です。この場を借りて、御礼申し上げます。
 
マーラーはテンポをかなり動かしていますが、曲想に見事にマッチしており、弦の歌わせ方一つ取っても、相当細かい神経が通っています。マーラーの心象世界がダイレクトに伝わってくる様な、現代音楽を得意としたリアリストたるロスバウトならではの分析力が光る名演と思います。
 
ブルックナーは、第2楽章で打楽器類を使わない純正ハース版による演奏。ロスバウトは、殊更この曲の清澄さを伝えたいが為、この版を使用したのでしょう。地味ながら、しみじみと聴かせる、曲をして語らしめた好演と感じます。ノヴァーク版にも聴くべき表情はあると思いますが、この純正ハース版も印象に残るものです。
スポンサーサイト



コメント

No title

これは持っていない、と、Amazonで検索したらロスバウトの珍しいCD(廃盤-中古)が高いっ!

No title

私もこの古いVOX盤を持っています。冷たく分析的な指揮者という噂だったのでおそるおそる聴いたのですが、実際は透明でちょっと硬質な叙情に魅力のある演奏でした。彼はシベリウスも得意で、DGにBPOと録音した管弦楽曲集がありますが、あれと通じ合う演奏スタイルです。この演奏、本当はもっと録音が良いはずだと思うのですが。

No title

紹介者として、Kapellさんにお気に召して頂き何よりです。
ロスバウトの指揮もさることながら、私は当時のバーデン-バーデン南西ドイツ放送オケのちょっとひなびた響きを結構気に入っています。
ギーレンやツェンダーが振る近年の同オケは、(指揮者の特性もあるでしょうが)機能的で洗練された音調ながら、時として薄味に感じてしまうのは贅沢な悩みでしょうか・・・
ともあれ、ロスバウトの隠れた名演がハイ-レゾ音源化されることに期待です。(意外と近いかも...)

No title

つい最近、私も1957年に録音されたロスバウトのブルックナー7番を聴きましたが(残念ながらこちらのほうはモノラルでした)、極めてオーソドックスな演奏という印象を持ちました。ステレオ録音も残されているのなら是非聴いてみたいですね。

No title

ひろちんさん、このCDは日本のAmazonでは高価です。私も驚きました。海外のAmazonには、そこそこの価格であると思います。

No title

yositakaさん、ロスバウトは決して冷淡な指揮者ではないですね。
多様な表情を持っていて、決め技も鋭いといったイメージです。シベリウスのそのアルバムは、私も持っております。確かに仰る通りですね。ステレオ初期ですが、寧ろ肝いりでもっと録音が良い可能性があるかもしれません。この演奏のリマスター盤を聴いてみたいです。

No title

damaterraさん、更めまして有難うございます。
バーデン=バーデンは温泉保養地ですから、オケの響きにも鄙びたものがあったのでしょう。その後のインターナショナル志向で、ベルリンフィルは特にそうですが、機能的で洗練された方向へ行ってしまったところもあるのではないでしょうか。
しかし~ロスバウトの名演がハイレゾで出たら、即買いですね!

No title

あおぞらさん、1957年に録音されたロスバウトのブルックナー7番~私も持っております。仰る様にオーソドックスな演奏ですね。ロスバウトは、マーラーとブルックナーでは演奏スタイルを大きく変えています。夫々の特質を冷静に捉えた、リアリストたるロスバウトの面目躍如といったところでしょう。

No title

ロスバウト指揮のものはブルックナーのNo5交響曲を1枚だけ保有してます(懐かしい名前だったので保有リストを探してみました)。
マーラーとブルックナーのカップリングCDとはなかなか粋なことで、是非聴き比べてみたいです。最近私はコンビチュニーのブルックナー(セット物)を購入して聴いてます。やはり古い録音ですが、聴き応えのある重厚な演奏です(第2,4,5,7,8,9番の6枚組CDです)

No title

Junozaさん、ロスバウトのブルックナー第5をお持ちでしたか。
マーラーとブルックナー、夫々にロスバウトの解釈が興味深いです。お聴きになってみて下さい。
コンヴィチュニーは奇を衒わず、正統派の演奏をしますね。真に燻し銀の世界かと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ