FC2ブログ

スヴェトラーノフ/フランス国立管のショスタコ




1. リムスキー=コルサコフ:『プスコフの娘』序曲
2. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77※
3. イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番『バラード』※
4. ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調 Op.47『革命』

ギドン・クレーメル(ヴァイオリン
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)
フランス国立管弦楽団
 
録音時期:1978412
録音場所:パリ、サル・プレイエル
録音方式:ステレオ(ライヴ)
24bit/192kHz Digital Restoration & 24bit Remastering
 
源提供:フランス国立視聴覚研究
ina CDSMBA 006(2CD)


旧ソ連の指揮者と独奏者が西側フランスの地で、フランスのオケとコラボしたという興味深い録音。

このショスタコ5番、新宿のタワレコで流れていたのを聴き、速攻でゲットしました。構えが大きく静と動の対比が印象的で、金管はじめ五線譜に収まりきらないほどの多彩な表現力に魅了されます。

極めて充実した響き~フランス国立管が、スヴェトラーノフの棒に見事に応えているのが分かります。
敵地で、これだけの演奏を成し遂げてしまうスヴェトラーノフの実力にも脱帽ですが、同時にフランス国立管の実力をまざまざと見せ付けられた思いです。

ギドン・クレーメルとのブラームス協奏曲も、堂々たる風格の名演と思います。アンコールでのクレーメルのイザイも見事なもので、演奏後、聴衆の興奮冷めやらぬ空気が伝わってきます。

真に東西融合の美。

お薦めです♪
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはm(_ _)m

アンプ 待ち遠しいですね^ ^

No title

にっぱーさん、こんばんは。

仰る通り、アンプ待ち遠しいです。こうしてCDをサブシステムで聴いていて、メインシステムならさぞかしと勝手に想像しております。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ