FC2ブログ

エルネスト・ブールのモーツァルト(その2)



モーツァルト:交響曲選集
第21番・第25番・第28番・第29番・第31番・第33番
第35番・第36番・第38番・第39番・第40番・第41番

エルネスト・ブール指揮
南西ドイツ放送交響楽団

CD・ステレオ・録音年月:不詳1972~1979?
Weton-Wesgram B.V. CLASSICAL GOLD CLG512


前回29番を採り上げましたが、今回は40番です。
これは個人的に、ワルター、カイルベルトと並ぶ驚くべき名演と思います。

第1楽章
弦の漣の上にお馴染みの旋律が奏されるのですが、既にその漣があまりに美しいのです。細部まで神経を行き渡らせながら、決して全体を失うことがありません。甘美さと厳しさが両立しており、類い希なバランスでモーツァルトが響きます。

第2楽章
一つ一つの音を実に丁寧に積み重ねていて、微妙な表情の変化が印象的です。静寂に消えていく響きの中に、ブールがモーツァルトの言葉に耳を澄ませている姿が浮かんできます。

第3楽章
少々テンポを落とした表現が曲想を良く捉えています。この辺りもバランス感覚の秀逸さを感じさせます。

第4楽章
真に秘術の限りを尽くしたアンサンブルの妙。今まで聴いたことがない様な世界が展開するのです。デモーニッシュなものが水面下にあることを大袈裟にではなく、さりげなく聴く者に知らしめる技量には本当に感服させられます。


純潔・静謐の中に疾走する悲しみ。
モーツァルトの歌、そして静寂・・・ブールの精神の芸術。
スポンサーサイト



コメント

No title

お久しぶりです。
名前を「あおぞら」から「ムジカーリッシュ」に変えて新規にブログを立ち上げました。
その日聴いた音楽に簡単なコメントを付けるだけのブログですが今後ともよろしくお願いします。

No title

こんばんはm(_ _)m。

この モーツァルトの5枚組CD 以前に買って聴いていました。

良い演奏でした。^ ^

ジャケット見て、あれ? 自分も 持ってるなぁ~って思いました。^^;

No title

ポチったのが微妙に遅くて…「申し訳ありません、売り切れ-販売終了です」でした。でも以前クアドロマニアで出ていたの(4枚組)を持っています。
いま聴き直したのですが、対位法の処理とバランスが実によい、41番はもっとよい^^

No title

ムジカーリッシュ(あおぞら)さん、ご無沙汰しております。
早速、新規ブログの方にお邪魔させて頂きました。
こちらこそ、今後共宜しくお願い致します。

No title

にっぱーさん、おはようございます。

このアルバムをお持ちでしたか!

それは、とても幸運なことと思います♪

ありそうでないような微妙なジャケットですよね。(^^ゞ

No title

ひろちんさん、売り切れですか・・・それは残念でした。
もしかして、この記事の影響だったりして(^^ゞ~すみません。
クアドロマニアのアルバムは、何曲か少ないのですね。
41番、これからじっくり聴きたいと思います♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ