FC2ブログ

デジタル・ケーブル聴き比べ(その1)


BELDEN 1506A


MODSQUAD WONDERLINK Ⅰ


WireWorld Platinum Starlight 7 Digital Audio Cable
 

Nordost Valhalla 2 Reference Digital Interconnect
 
新旧取り混ざり、多士済々のデジタル・ケーブルですが、聴き比べをしてみました。いずれも、1m程度の長さです。何故、今、デジタル・ケーブルの比較試聴なのかと言うと、たったS/PDIFケーブル1本でステレオ・システムの音楽情報伝送~再現力の全てを担っており、一番シビアな部分と思われたからです。システムのバランス等によって、本件とは異なる結果になる場合があるかもしれませんので、その辺はご容赦下さい。(笑)
 
BELDEN 1506A & カナレBNC/RCAコネクター
まず一聴して、最新鋭のスポーツカーで飛ばしている様なハイスピードな印象。情報量も多く、タイトで鋭角的な音です。一皮向けた爽快感のある音ですが、録音によっては少々キツく感じる場合があります。ケーブル本体のポテンシャルは非常に高く、もしかすると、コネクター~特にRCA側で信号の反射といった問題が生じているのかもしれません。実際、外部クロックのケーブルには、この1506Aを使用(コネクターは両端BNC)して、好結果を得ています。
 
MODSQUAD WONDERLINK Ⅰ
昔から使っているケーブルです。信号の反射を防ぎ、丁度漏斗の様に信号を注ぎ込む特殊な形状のコネクターを使用している為か、BELDEN に比べると、ナチュラルなイメージです。ケーブル本体は中空構造で、導体には銅・銀・ニッケルの合金を使用していますが、強磁性体のニッケル臭さがあまり感じ られません。磁性体を使うと、音の切れ込みは良くなるものの、音色の変化に乏しく、暗い半殺しトーンになる傾向があるのですが、ここでは音の隈取を明確に しつつ、音色も明るい方向で、音がダイレクトに出てくる感覚があります。情報量も多く、比較的安価なケーブルですが、既に絶版で中古品で入手するしかない状況です。
 
WireWorld Platinum Starlight 7 Digital Audio Cable
諸般の事情で、このケーブルの試聴は少々先のことになりそうです。
 
Nordost Valhalla 2 Reference Digital Interconnect
ケーブルは同社独自のデュアル・モノ-フィラメント構造、コネクターも同社オリジナルの物を使用している模様。ディティールをよく再現しますが、当初高域に僅かにざらつく様な癖が感じられました。しかし暫くエージングすると、その癖は取れ、実に深みのある音に変わりました。サウンドステージが広く、音色の変化に敏感です。特に弦楽器~例えばヴァイオリンとヴィオラの音色の描き分けが見事で、艶やかで美しい響きはアナログをも凌駕するレベルに達しています。響きの交錯・重なり・うねりといった表現にも長じていて、大編成のオーケストラ等、実に凄みのあるスペクタクルが展開します。超低域の再現性が頗る良いのでしょう。全体にナチュラルな再現性を持っていますが、素地の良い美人が薄化粧をした様な、イメージがあると言えばあるかもしれません。高価なケーブルだから良いはずだという先入観は捨てて、更めて聴いてみても、その印象は変わりません。音に品格があり、且つ表現力に富み、聴く者の心を豊かにするサムシングを持ったケーブルと感じます。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ