FC2ブログ

モーツァルト・交響曲第41番「ジュピター」


クーベリック指揮/バイエルン放送響(ORFEO C498 991 B)

モーツァルト、最後の交響曲。

カザルス/マールボロ、シューリヒト/ウィーンも素晴らしいですが、このクーベリック盤が私のお気に入りです。

クーベリックという指揮者は、普段はあまり派手なことはしません。しかし、彼の振ったものには常に得も言われぬ格調の高さがあります。

この演奏はライブ・・・クーベリックはライブだと燃えるタイプなのです。持ち前の格調の高さと燃え盛る炎、真に鬼に金棒です!

この演奏抜きに41番は語れないでしょう。
カップリングの40番も並大抵ではありませんよ。

しかも、ステレオ・音質良好です。

スポンサーサイト



コメント

No title

なるほど、クーベリックですか。私はモーツァルトは全くの不案内でして41番はカラヤンしか持ってないのですが、たまたま今聴いてました。 クーベリック指揮/バイエルン放送響ならもっと熱いジュピターが聴けそうですね!

No title

Jinさん、この41番は買って損はありません。モーツァルトの様式美に炎の核があるイメージです。

No title

クーベリックのモーツァルトといえば、CBSソニーからのバイエルン放送響とのスタジオ盤が知られていますが、そうするとこのORFEOのライブ盤はそれに輪をかけた…ということですね。

No title

GUSTAVさん、そうです・・・それに輪をかけています。是非、聴いてみて下さい!

No title

クーベリックは、スメタナ集くらい。盲点でした・・ ライブは「燃える」のですね。探します^^

No title

kontora423さん、クーベリックの格調の高さとモーツァルトの様式美は通じる部分がある気がします。この41番は更に「燃えて」います。しかし、やり過ぎない・・・絶妙のバランス感覚だと思います。

No title

クーベリックのモーツァルトは本当に傑作揃いですね。CBSのスタジオ録音の3CDももちろん結構ですが、これはまた格別に素敵な演奏です。来日公演で、日比谷公会堂ではマーラーの9番が出来ないと言い出して、会場が変更になり、たしか日比谷ではモーツァルトのプラハを振ったように記憶しています。プラハもまた、当然ながらクーベリックの十八番でした。その日本でのマーラーもCD化されたようですが、いずれにせよ、彼のモーツァルトのライヴはすべて最高の出来栄え。

No title

カワサキヤさん、クーベリックが振ったものは、ブラームス、ベートーヴェン、マーラーにしても、得もいわれぬ格調の高さがありますね。その日本でのモーツァルトのプラハ、マーラー9番、是非、聴いてみたいです。オケは、バイエルン放送響だったのでしょうか?

No title

クーベリックの上野文化会館でのライヴ、マーラーの9番は、AUDITEというレーベルから輸入盤で出ていて、容易に入手可能です。もちろん手兵バイエルン放送響です。AUDITEのクーベリックはマーラーはじめいろいろとライヴが出ていますが、どれも素晴しい出来です。

No title

カワサキヤさん、有難うございます。auditeレーベルの同コンビによるマーラー1番、持っています~真に飛ぶ鳥を落とす勢いですね。こういう演奏がCDで聴ける幸せ!音もステレオで非常に鮮明。9番もゲットします。(^^♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ