FC2ブログ

ソニーのDATから音が出ない・・・


SONY DAT WALKMAN TCD-D100 & DIGITAL I/O ADAPTOR RMR-D100

久し振りに生録のDATを聴こうとすると、音が出ないではないですか。

いろいろ調べてみると、どうやらDIGITAL I/O ADAPTOR RMR-D100のS/PDIF出力ピンジャックのホット側が接触不良を起こしている模様です。PCオーディオでデジタルケーブルの比較試聴をした際、RMR-D100に繋いであったデジタルケーブルを何回か抜き差ししたので、内部基板のところでパターンが切れて剥がれた可能性があります。しかし、この程度のことで壊れて欲しくないですね~。


RMR-D100の内部基板(修理後)

仕方ないので、開腹手術です。試しにピンジャックを少し抉ってみると、シールド板と基板の隙間からホット側の端子が基板から浮くのが見えました。これが原因です。しかし、丁度ピンジャックのホット側端子が基板に刺さっている部分の真上にシールド板があるではないですか。これでは、肝心の場所にアクセス出来ません。しかもシールド板はアースにネジ止めではなく、ハンダ付けされています。あぁ面倒臭い・・・ハンダ吸い取り線で5箇所のハンダを取り去って、パターンを剥がさない様に注意しつつシールド板を外して見ると、何と問題の箇所は、元々ハンダ付けが不十分でランドの一部にしかハンダが載っていませんでした。強度不足から、ハンダにクラックが生じ、接触不良となったのです。ソニーさん、困りますよ。しかし、最悪のパターン剥がれでなくて良かったです。きちんとハンダ付けして作業完了です。

今、試聴していますが、全く問題なく音が出る様になりました。
目出度し、目出度し。

スポンサーサイト



コメント

No title

問題解決、お見事でした!

当該機は、日本製造でしょうか、それとも外国?

当方、安価CDP・オンキヨー C-7030の途中トラックから演奏開始時の‘プチ’音に悩まされ続けています。
修理で基板交換してもらったのですが、まだ出ます。

こういう現象の原因は、フロー or リフロー工程に問題が‥‥ないし工程に適したパターンになっていない? …なのかなぁ~、などとムダな想像を巡らします。

No title

> へうたむさん
いきなり音が出ないのには、かなり焦りましたが、何とか解決しました。

当該機は"MADE IN JAPAN"でした。こんなこともあるのですね。(笑)

その‘プチ’音は厄介ですね。クロック周辺に何かありそうな気がしますが・・・。拙宅にも同メーカーのC-S5VLがありますが、そうしたトラブルはありません。

No title

原因がわかって、しかもしっかり修理ができてよかったですね。
めでたし、めでたし。

No title

> たかきたかあきさん
有難うございます。いきなり音が出ないのには、本当に焦りました。(笑)
うまくいって良かったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ