FC2ブログ

ステファン・アスケナーゼ(その1)



ピアノ小品集

CD1
1. フェリックス・メンデルスゾーン:《無言歌集》から〈甘い思い出〉〈紡ぎ歌〉〈後悔〉
2. :スケルツォ ホ短調作品162
3. フランツ・シューベルト:メドレー(アスケナーゼ編)
4. フランツ・リスト:愛の夢第3番 変イ長調
5. :忘れられたワルツ第1番 嬰へ長調
6. フレデリック・ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31
7. :子守歌 変ニ長調作品57
8. 舟歌 嬰ヘ長調 作品60
 
CD2
9. 4つの即興曲集
~第4番 嬰ハ短調 作品66《幻想即興曲》、第1番 変イ長調 作品29、第2番嬰へ長調 作品36、第3番 変ト長調 作品51
10. スケルツォ 第3番嬰ハ短調 作品39
11. 4つのマズルカ集 作品41
~第4番 嬰ハ短調(26)、第1番 ホ短調(27)、第2番 ロ長調(28)、第3番 変イ長調(29)
12. バラード第3番 変イ長調作品47
 
ステファン・アスケナーゼ(ピアノ)
 
録音:19681212-14(1-8)1971104(9-12) ミュンヘン、プレナールザール
 
原盤:Deutsche Grammophon

TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION+ Vol.20 PROC-1711/2
ルビジウム・クロック・カッティングによるハイクォリティ・サウンド


ステファン・アスケナーゼはショパン直系の弟子筋にあたり、興味をそそられてCDを購入。

得も言われぬ品格を漂わせる演奏。

ショパン直系と言えば、ホルショフスキが思い浮かびますが、演奏の品格において相通じるものがあるかと。

実にロマンティックな演奏で、何気ないパッセージに、ふと現れる弱音にもファンタジーが広がります。

沈黙(休符)にも、音楽を感じさせる優美。

陶酔の時間。
スポンサーサイト



コメント

No title

この人のショパンは一般の通念とは違う何かがあると思います。
直系の弟子筋というのは、アプローチの仕方が違うものなのでしょうか。これ、選曲もいいですね。

No title

> yositakaさん
仰る通りですね。
直系の弟子筋~音楽性が極めて豊かなのですが、節度があるのです。
聴いていて、魔法に掛かった様に幸せな気分になります。
選曲もセンスが良いかと。

No title

アスケナーゼは名前だけで、演奏を聴いたことがありません。
40年以上前、ドイツ・グラモフォンの国内企画のピアノ全集のカタログに載っていましたっけ。
当時は、「アシュケナージ」と「アスケナーゼ」で、そんなに大きな知名度の差はなかった…ことはないかな^^;;。

このところ、ショパンではペルルミュテールとマガロフのCDを、少し求めました。
ペルルミュテールはじつに香りのある演奏だと感じました。

先日、CDではかなりレアな、アンドール・フォルデス(フォルデシュ・アンドール)の弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ集(第20番 D959と第21番 D960、EMI)をオクで入手しました。
第21番 D960は、新しい録音のピレス(ピレシュ)盤(DG。たいへんな名演だと思います。録音も超秀逸!)と比べると、ピレスが大きな振幅かつ繊細なロマンを聴かせるのに対し、フォルデシュは古典的形式感はしっかりしているものの、やや単調に聞こえて、一聴して落胆しそうになりましたけれど、じっくり聴き込むと滋味が沁み出してきそうです。

アスケナーゼも機会があれば聴いてみたいです。

No title

先日イレーナ・メジューエワという女性ピアニストのCDを初めて購入しましたがどうも感覚が合わず、即中古屋さんに売却してしまいました。(ファンでしたら失礼!)ショパンのうような繊細な表現が求められる音楽は、真に感動する演奏家を見つけ出すのはなかなか難しいですね。

No title

> へうたむさん
アスケナーゼは、シューリヒトとのモーツァルト:ピアノ協奏曲第17番を聴いたのが初めてでした。瀟洒な佇まいの演奏で、好感を持っておりました。

ペルルミュテールのショパンも、香り高いものですね。舟歌などが入っているショパンアルバムをLPで持っております。

フォルデスの演奏は、聴いたことがありません。ピレスはモーツァルトもなかなか見事ですが、シューベルトも良いのですか。双方、聴いてみたいです。

No title

> JUNOZAさん
メジューエワのファンではないですが、そこまで悪いとも思いません。
ただ、時々如何にも譜面を見ながら弾いている感じがして、勿論きちんと弾けてはいるのですが、今一つと思うことがあります。立派ですが、ショパンの繊細さを殊更感じさせる演奏ではないですね。

No title

重ねて失礼を…。

>> ドイツ・グラモフォンの国内企画のピアノ全集…
いいかげんな記憶で書きました。これ、yositakaさんがアップ:
http://blogs.yahoo.co.jp/izumibun/24638931.html
されているタイムライフの協奏曲セットでした! 私は新聞の広告で見ただけかも。

アスケナーゼの弾くショパンの協奏曲第1番、YouTubeでちょっと聴きましたが、たいへんロマンティックなもので、オッテルローも合わせたのかインテンポではなく、大ぶりです。オケがついていけず、ピチカートがズレて‥‥。

これもTOWERが2枚組で復刻していますね。

No title

へうたむさん、コメント有難うございます。
何も失礼などありません。

仰る通り、1番の方は私も感心しません。

このピアニストは、特に行間を読む必要があるのかと存じます。

No title

へたうむさん、ここで7年前の記事を紹介されるとは思いませんでした。赤面です。「一般の通念とは違う」印象はこのコンチェルトの演奏からのものでしょう。もう一枚、記憶に残るのはKapellさんも挙げておられる、モーツァルトのピアノ協奏曲第17番。カール・シューリヒト指揮のシュトゥットガルト放送響との共演。1954年9月のライヴで、強弱、緩急の変化が多様な味わい深い演奏でした。

No title

yositakaさん、

DGのショパン第1番は、オッテルローの指揮がなかなか本気のようで(試聴ファイル30秒のみの試聴ですが…)、ある意味興味深い演奏です。
タイム・ライフのセット企画は、交響曲もありましたね。私はたぶん、新聞広告を見ただけかもしれません。

(Kapellさん、この場をお借りして恐縮です m(_ _)m)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ