FC2ブログ

CSE CLEAN REGULATOR RG-100



こうした電源アイテムの中には、音が綺麗になるものの半殺しトーンになってしまう残念な物がありますね。

CSEのレギュレーターとの付き合いは、相当長いです。この9月で株式会社CSEは40周年を迎えるそうですが、中部システムエンジニアリングという社名(CHUBU SYSTEM ENGINEERING = 略してCSE)時代からですので、数十年は経っています。初期のモデルは出力の周波数が連続可変だったのですが、その後、切替式になり、現行モデルでは60Hzの固定になっています。

CSEのこのタイプのレギュレーターは、AC電源を一旦DCに変換した後、内部の発振器で新たに60Hzの正弦波を生成します。これを介した再生音は、真に生き生きとダイナミック。情報量が増え、バックグラウンドが静かになります。

今回新たに、PCオーディオのMacbookの電源に導入しました。Macbookの電源は金田式のリニア電源に改造してあるのですが、ここでも狙い通りの効果が得られました。

美しく、スリリングなまでの響きを堪能させてくれるアイテムです。
スポンサーサイト



コメント

No title

小生も以前使っていましたが、なかなか優れた機械だと思います。同じ会社のゼロスイッチは現用中です。

No title

うちにあるアキュフェーズPS500は見事なまでにアキュフェーズっぽい音になります。確かにS/N比が上がって良くなるのですが
何か変です。

No title

> nazo_otokoさん
この手のアイテムは、音に妙な癖が付く物がありますね。
ゼロクロススイッチをお使いですか。貴重で高価な機器を長持ちさせるのに効果的かと存じます。音質的にも吟味されていますね。

No title

> aud*ovi**o_fanさん
アキュフェーズのアイデンティティー、高級な雰囲気のトーンキャラクターは、拙宅にある旧いCDプレーヤー・DP-75でも感じられます。こうした電源アイテムの場合、良かれと思って導入しても、固有の音色が支配的になり、綺麗だけれども元気のない、つまらない音になってしまうことがありますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ