FC2ブログ

ギレリス ヨッフム ベルリン・フィル



ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15
       
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品83
                7つの幻想曲集 作品116

エミール・ギレリス、ピアノ
オイゲン・ヨッフム指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

e-onkyo flac 96kHz/24bit ダウンロード・ステレオ
録音:1972年6月、イエス・キリスト協会、ベルリン、ドイツ [スタジオ]

e-onkyoでドイツ・グラモフォンのバーゲンをしていたので、いくつかダウンロードしてみました。
そのうちの一つが、こちらのブラームス。
予てより、名盤の誉れ高い演奏なのですね。

ギレリスとヨッフム、ベルリンフィルとくれば、弥が上にも期待が膨らみます。
非常にスケールが大きく、ダイナミック且つ味わい深い演奏です。

こんなに素晴らしい演奏を高音質で聴ける幸せ!
スポンサーサイト



コメント

No title

ギレリスとヨッフムなんって最高の組み合わせですね!
私も探してみます!

No title

> 歌姫さん
CDでも入手出来ます。
期待に違わぬ名演かと!
将に互いの音楽性の高度な「協奏曲」になっています。

No title

ありがとうございます!早速Amazonで(^^)v

No title

記事を拝見して早速ハイレゾをダウンロードしてみました。
CDは持っていてリッピングしてありましたので、聞き比べると音の鮮度と立体感、柔らかみなど改善されていますね。安いのも助かります。
ありがとうございました。

No title

> 歌姫さん
どう致しまして。早速Amazonでポチされたのですね。(^^

No title

> yymoonさん
どう致しまして。
私はこのCDを持っていないので比べられませんが、ハイレゾの方が良かったのですね。廉価盤価格でダウンロード出来るというのは、実に有難いお話です。

No title

バックハウス以後、最も高い評価をされてきた名盤ですが、残念ながら未聴です。

やはりDSDは秀逸な音でしょうか。先ほど見たら、これだけ(CD 2枚分)で1,400円、CDより安いかもしれません。
e-onkyoサイトの試聴ファイルの音は、AmazonのCD(O.I.B.P.リマスター)の試聴ファイルよりも平板な音でしたが、これはブラウザなどでは差は全くわからないのでしょう。

愚生、残念ながら、DSDはもとより、USB DACを所持していないので、ファイルだけ購入しても活かせません。

水を差すよう? ですが‥‥ググっていたら、「DSDよりPCMのほうが有利」という、CHORD社の見解:
ascii.jp/elem/000/001/130/1130242/
に逢着しました。

もっともこれを現実にやるには、同社の複雑高度なFPGAが必要のようで、同社のポータブル型DAC/ヘッドフォンアンプ・Mojoでも5万円以上、とか。

しかし、ふつうのDACチップは、もうすでにすべて、PCM入力でも最終段はΔΣ変調・1ビットになっていますから、音源からDSD 1ビットのほ

No title

(途切れました・続 ::)

しかし、ふつうのDACチップは、もうすでにすべて、PCM入力でも最終段はΔΣ変調・1ビットになっていますから、音源からDSD 1ビットのほうが有利でしょうね。

No title

> へうたむさん
CHORD社は「DSDよりPCMのほうが有利」と言っているのですね。
ノイズの少ない環境、低ジッターであればPCMも素晴らしい音質なので、敢えてDSDでなくても良いと感じておりました。詳しい技術的なことは分かりませんが、PCMの方が、電圧軸方向と時間軸方向の限られたデータ記録領域を有効利用出来る様に感じます。DSDもPCMも、近似の技術であることに変わりはなく、当たらずとも遠からずの世界なのですが・・・。

>ふつうのDACチップは、もうすでにすべて、PCM入力でも最終段は
>ΔΣ変調・1ビットになっていますから、音源からDSD 1ビットの
>ほうが有利でしょうね。
仰る通りかと思われます。

CHORD社のDACには以前から興味を持っていましたが、貴コメントの影響で購入意欲が大いに増しました。問題は先立つものですね。(笑)

No title

> へうたむさん
このハイレゾ・ダウンロードは、念の為ですがDSDではありません。
記事にある通り、PCM flac 96kHz/24bit です。
DSDをダウンロード出来たとしても、個人的に大歓迎とは・・・?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ