FC2ブログ

ヘルビッヒのブルックナー5番



友人からヘルビッヒの演奏は見事なので、是非聴いてみて欲しいとのこと。CDを貸して貰い、吃驚仰天!

この指揮者は、かのヘルマン・アーベントロートの弟子で、アルヴィド・ヤンソンス(マリスの父)の許で研鑽を積んだ知る人ぞ知る人物でした。情熱や魂を感じさせるアーベントロートとは芸風が異なり、端正なアプローチで音楽を構築してゆくタイプの指揮者です。情熱を抑制しつつ進めますが、ここぞという処では解放し、充実した響きを以って聴き手を包み込む・・・しかし、決してやり過ぎない~その頃合が絶妙なのです。

このブルックナー交響曲第5番も本当に素晴らしい演奏です。同曲では、シューリヒト/ウィーン・フィル、クレンペラー/ウィーン・フィル、ヨッフム/ロイヤル・コンセルトヘボウ、ヴァント/ベルリン・フィル、チェリビダッケ/ミュンヘン・フィル等々の名演に匹敵するものと思われます。

ヘルビッヒは、他の旧東側の指揮者、ロルフ・クライネルト、ハインツ・ボンガルツ等に通じる響きのコントロール、安定感といったものを感じさせます。

こんなに素晴らしい指揮者が埋もれているなんて、実に勿体無いことです。

格調高きギュンター・ヘルビッヒのブルックナー。


スポンサーサイト



コメント

No title

そうでしたか。ギュンター・ヘルヴィッヒは、東独エテルナのドイツシャルプラッテンのハイドンが端正な演奏でしたが、成る程、ブルックナーは結構でしょうね。早速、求めてみます。カワサキヤ

No title

カワサキヤさん
ヘルビッヒは、この5番も素晴らしいですが、ドイツ放送フィルを振った8番も大変な名演と思います。こちらもついでにどうぞ!♪
https://blogs.yahoo.co.jp/william_kapell/48334595.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ