FC2ブログ

チョン・ミョンフンのブラームス:交響曲第4番


曲想を巧みに捉えつつ細部にまで行き渡った感情移入、決然たるリタルダンドには強靭な意志の力をも感じさせます。
 
それにしても、この横溢する陶酔のロマンティシズム!!

琴線に触れる濃厚にして壮絶なまでの響きには、眩暈すら覚えます。

この曲には魔性が存在することを、クナッパーツブッシュはその直観力によって抉り出しましたが、チョン・ミョンフンの演奏を聴いて、ここにも驚くべき直観力が存在することを知らされました。

その直観力・洞察力を駆使し、オーケストラの響きとして体現する能力には舌を巻きます。

現代に蘇ったブラームスの情念の炎、チョン・ミョンフンの芸術。

※韓国のオケ動画が消失したので、フランス放送フィルの演奏に差し替えております。
  解釈は略同様かと存じます。
スポンサーサイト



コメント

No title

ごぶさたしております。
マエストロのブラームス第一番は、5年ほど前ですがサントリーHでアジア・フィルハーモニーOとの演奏を聴いて感銘を受けました。(前半は、確かタンホイザー序曲とトリスタン前奏曲と愛の死)
オケも、臨時編成ながらソウル・フィルや在京オケの首席クラスを揃え壮観でした。(第一vn.は8プルト16名くらい居たような・・・)
当動画で、当時見えなかったところまで再確認できたような気になれました。

No title

> dam**erraさん
将にマエストロですね。
目を瞑りながら指揮をする・・・脳内イメージが響きに変わる瞬間。
こうした動画は、とても有難いです。世界の様々な演奏が、居ながらにして沢山視聴出来るのですから。
仰る通り、当時見えなかったところの再確認も可能ですね。

No title

こんばんわ

最近 群馬交響楽団の方とお友達になりましてね。
クラッシックが好きになりました。
タヌキ村にもオペラハウスが出来るそうで、楽しみです。
スポンサー付くのかな?(-_-;)

このYouTubeの音楽もそうですが、 Kapellさんの解説に酔いしれます。

目眩がするほどの感性
表現力 洞察力
音楽評論家より凄い!!
脳から全身で楽しんでるんですね。

No title

> む~ちゃん( ー`дー´)さん
こんばんは。

群響の方とお友達になりましたか。クラ友ですね。
オペラハウスも出来るとのこと、世界の音楽家が来ますね。

私の解説~自己陶酔かも・・・。
畏れ入ります。(^^ゞ
脳から全身で楽しんでいる~将にその通りです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ