FC2ブログ

シューリヒトのベートーヴェン「運命」

Schuricht_Orchestre Municipal de Strasbourg_Beethoven Symphony #5

シューリヒトのベートーヴェン交響曲第5番「運命」には結構多くの録音があります。

1. 46年パリ音楽院管
2. 49年パリ音楽院管
3. 53年シュトゥットガルト放送響
4. 55年ストラスブール市立管
5. 56年フランス国立管
6. 57年パリ音楽院管
7. 57年ベルリン放送響

この演奏は4のストラスブール市立管とのものになります。2、3、7は残念ながら未聴です。1と6は10年以上経ているものの同じオケということもあってか、すっきりとした中にも気迫の籠った演奏が似ています。双方スタジオ録音と思われ、やや落ち着いたイメージがありますが、生き生きとした中の味わいの深さはシューリヒトならではです。5のフランス国立管との演奏はライブ録音らしく、一転迫力に満ちた演奏になります。4のストラスブール市立管との演奏も、ライブ録音で燃えに燃えていて、思わず目頭が熱くなってしまいます。

情熱を省くのではなく抑制し、しかも常に作品の魂を追って止まない~シューリヒトのベートーヴェンは真に「高潔」を感じさせます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ