FC2ブログ

LIRICOのセッティングと試聴

IMG_3095-1.jpg

LIRICOのセッティングですが、デュポン・コーリアン(人工大理石)板の上に載せました。この下は見えませんが、PLEXTERのCDドライブだったりします。もっとリジッドな台に載せないといけないとの声が聞こえてきそうですが・・・。

LIRICO底面のディップスイッチは、全てフロントパネル側にしてあります。と言うか、デフォルトでそうなっていました。中川氏の推奨で、ノイズ等の問題がなければ音質的にはこの設定が最良とのこと。

さて試聴です。

カートリッジはデンオン DL-103、ターンテーブルはORACLE DELPHI MKV、アームはVPI社JMW-9 Signature、フォノイコはマーク・レヴィンソンのLNP-2(モジュールがバウエンから自社に変わる過渡期のモデルで、メーターモジュールだけがバウエンという珍しい個体)を使用して、プリ出力をジェフ・ローランドのCOHERENCE(バイパスモード)に入れチャンデバKRELL KBXへ、パワーの中高域はパスラボのXA100.5、低域はマッキンのMC-2600、スピーカーはJBL S9500という構成。

まずはクリップスがロイヤルフィルを振ったモーツァルトの交響曲35番を聴いてみます。一聴して、ノイズが非常に少なく、クリアなことに驚かされます。様々な楽器の音がくっきりと際立ちながら、一体感を持って、広大な音場に響いていきます。妙な癖がなく、生き生きとして躍動感に溢れる音。過度応答が優れている為、レコードのスクラッチノイズが目立たず、音の背後に静けさが感じられます。

次にクレンペラーが手兵のフィルハーモニア管を振ったブルックナーの交響曲4番を聴いてみます。やはり上記の印象は変わらず、アナログを聴く悦びに浸ることが出来ます。分解能に優れ、表情が豊かで、聴感上のダイナミックレンジが大変広く感じられます。

これは実に素晴らしい!!

フィデリックス社の中川氏は、A級パワーアンプで、かのマーク・レヴィンソンにも大きな影響を与えた方です。プリアンプ等のローノイズ化の重要性についても、中川氏とマーク・レヴィンソンは一致するところがあります。フィデリックス LIRICOとマーク・レヴィンソン LNP-2のコラボは、時代を超えた技術と音楽(再生)の融合と言えるかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

No title

キター!
簡潔なレビューからも、LIRICOの実力のほどが伺えます。Dオーディオからの入荷連絡を心待ちにして、夏季休業中に当家でも聴けることを期待しています。

No title

だまてらさん、キマシター!
中川さんに拠れば、いくつかの事情が重なって遅れたそうです。LIRICOのS/Nの良さ、音楽表現・表情の豊かさは出色です。
きっと、もうすぐ入荷するでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ