FC2ブログ

ブラームス・交響曲第4番


ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィル

第3番を加えて、ムラヴィンスキー初の全集となったものです。


その第4番・・・(その昔、ビクターのLPで出たものと同様の演奏)

第1楽章

第1主題冒頭は無機質なくらい歌われずに奏されますが・・・ふとディミニュエンドが掛かるのです。
このディミニュエンド、1回目の13小節目はさりげなく、2回目(第1主題の変奏部分から展開部に入る30小節目)は強かに~これには、もう足元から崩れ落ちるような強烈な感覚を覚えます。一挙にロマンティックな雰囲気が濃厚になるのです・・・最早、曲に埋没している自分に気付くゆとりすらありません。

しかし、この泣きが入る弦の響き、これは一体・・・

ムラヴィンスキーの、この曲に対する想い入れの深さを感じる楽章です。


第2楽章

ひと時の安息とでも、申しましょうか・・・?第1楽章の濃厚なロマンティシズムとは打って変わって、思いの他、前半は清らかな流れで満たされます。円熟の味わい、とても立派な造り。盛り上がりの弦の響きは分厚く、腹に応えるものです。


第3楽章

只管、前進あるのみ!鍛錬を重ねたオケから、黒光りするようなエネルギーが噴出します。他の楽章もそうですが、オケの人数が増えたように聴こえます。この俊敏さとパワー感は、レニングラードならではでしょう。


第4楽章

凄まじい緊迫感が横溢して・・・生で聴いていたら卒倒しそうな気配。木管に繊細な感情を認めつつ、弦と金管は思い切って鳴らす戦略にヤラれた!!

燃え盛る鋭利な刃物のようなブラームス。


ところで・・・

個人的には、第1楽章が好きでよく聴いています。

ただ、コーダはシューリヒト/バイエルンには敵わないかと・・・。力感がありますが、今ひとつ、ビシッと決まらないのです。第1主題を強奏する部分はリタルタンドして欲しい~それでこそ、決然とした曲想が生かされると思います。

第2、3楽章はさておくとして・・・

第4楽章は、同じ魔性系でいくならクナッパーツブッシュ/ケルンを採りたい気もします。ただ、物凄い演奏には間違いないです。

皆さんは、どう思われますか?

スポンサーサイト



コメント

No title

クナッパーツブッシュのほうのCD、ネットで探しても見つからないんです・・・。ぜひ聴いてみたいです。

No title

たかあきさん、クナのCDはこちらで購入出来ます。 http://www.webserve.ne.jp/cadenza/index2.html SERENADE SEDR-2036です。 私は昔、プライベート盤LPで入手しました。本当に血が煮え滾る様な演奏です。ただ、年代ものですので音質はそれなりで・・・十分、鑑賞には耐えると思います。

No title

注文しました。届くの楽しみです。^^

No title

クナのブラ4!超絶大魔神ですよ。オーソドックス系ならば、ザンデルリンク(別途10月25日付記事があります)をお薦めします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ