FC2ブログ

ベートーヴェン・交響曲第3番「英雄」


言わずと知れた「英雄」ですが、この曲が好きで多くの異演盤を持っています。
その中で私のお気に入りは順番に・・・指揮者/オケ(録音年月)

1.シューリヒト/フランス国立(63年5月)
2.フルトヴェングラー/ウィーンフィル(52年11月)
3.カラヤン/ベルリンフィル(73年11月)
・・・
となります。

特に1は雄渾でバランスの取れた名演だと思います。ライブ録音で当時としては状態が良く、コンサートの雰囲気がよく捉えられています。臨場感、擦弦の生々しさが堪りません。カップリングになっている交響曲第1番が自然体ながら感服させられる名演で、これはもう必聴ものです。

2は往年の名演。ブライトクランク(擬似ステレオ)盤が音に広がりがあって、曲想にマッチしています。モノラル録音としてはかなり良い部類です。

3は某音楽評論家が嫌う巧言令色なカラヤンですが、この演奏は燃え立つような気迫の籠ったものでベルリンフィルの巧さも驚異的です。カラヤンはシベリウス等でも素晴らしい演奏を残しており、そんなに嫌ったものでもありません。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ