FC2ブログ

モーツァルト・レクィエム


モーツァルト・レクィエムニ短調K.626

ブルーノ・ワルター指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック
 イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ)
 ジェニー・トゥーレル(アルト)
 レオポルド・シモノー(テノール)
 ウィリアム・フィールド(バス)
 ウェストミンスター合唱団(ジョン・ファインリー・ウィリアムソン合唱指揮)

(CBS SONY 15AC662)録音:1956年3月10、12日モノラルLP


ワルターは一見柔和でロマンティスト、時にテンポがないとか批判されていますが、内面は非常に厳しい人ですね。

ワルターは、1947年から1949年までニューヨーク・フィルの音楽顧問でしたが、これはその後の録音です。(別途、記事にしたミトロプーロスが、ワルターの後、同オケを引き継ぐことになるのです。)

晩年のコロムビア交響楽団との演奏も立派(特にマーラーの「巨人」やベートーヴェンの「田園」)ですが、ニューヨーク・フィルやウィーン・フィル、ベルリン・フィル等を振ったものも素晴らしく、素直に心に滲みてくる気がします。


ワルターは、ウィーン・フィルから最も敬愛された指揮者の一人だったそうです。
マーラーの弟子・親友でもあり、同曲の演奏でも多くの名演を残しています。クレンペラーも同じユダヤ系且つマーラーの弟子で、その演奏も素晴らしいですが、音楽表現スタイルは著しく異なります。


ワルターのリハーサルは、怒号が飛ぶようなものではなかったと言われます。
演奏表現がまずい時、ワルターはウィーン・フィルを前にして、しくしくと泣いたそうです・・・曰く「何故、貴方達は美しい音を出さないのですか?もっと歌って下さい」と。


レクイエムK.626・・・死者を弔う「鎮魂歌」、モーツァルト最後の作品~一部、弟子のジュスマイアの補筆等という見解もあり。


このワルターのモツレク、声とオケが一体となって美しき魂の叫びと祈りを描いています。オケに恐怖政治体制を敷くことなく、これだけの表現を成し遂げてしまう人間性・カリスマ性には真に敬服します。

モツレクはウィーン・フィルとの録音2種(1937.6.29及び1956.7.26)もありますが、個人的にはストレートな厳しさ・輝きに満ちた、このニューヨーク・フィル盤が好きです。

ウィーン・フィルとのアイネ・クライネ・ナハト・ムジークや弾き振りしたK.466の、あの甘美な世界が・・・この演奏の、どこか根底にある気がします。



ワルターの厳しさに裏打ちされた夢見るようなロマンティシズム。

スポンサーサイト



コメント

No title

これがジャケットなんですか?すごいなぁ~

No title

ぴ~こさん、実はこれLPのジャケットでして、この部分(全体の3分の1程度)が剥がれてしまい、それをスキャナーに掛けたものなんです。こうして見ると「WALTER」って文字が、かなり主張してますね(^_^;)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ